FC2ブログ

『土の中の子供』



虐待の末、埋め殺される経験を持つ「私」の話。
内容の重大さに比べて、文庫本の帯に巻かれている
「この本はヤバすぎる!」という言葉は、あまりに稚拙に感じる
「ヤバイ」という言葉の持つ意味の時の流れに伴う変化は、
それなりに知っているつもりですが、、、、。
文学的に素晴らしいとか、考えさせられるとか、
人間の内省的な面を抉り出しているとか、そういった評価を表現しているのか?
ちょっと「ヤバイ」では、内容と不釣り合いな言葉だと感じました。
短絡的に、危険だとか、重たいとかといった意味かな?
それとも、今様だと解釈すると「すごい」「素晴らしい」ということかな?
やはり、どちらも当てはまっていない気がする。

私がこの文庫本の帯を考える担当者ならなんとつけるだろうか?
「暗然たる再生」「黒の中の恐怖」とかかな?いい言葉思いつかなけど、
”ヤバい”とか”すごい”という質の言葉では、捉えられない深層的で輻輳した心情が
描かれている。
暴力、虐待、孤児、犯罪、恐怖、SEX、死、殺人、狂気、不条理、これらの非日常世界の感覚の中で、
人が何を感じ、どう考え、己を認識するのか?
それは、真実の自分か?本質的なものなのか?

人の心の深部を抉り取るような文章は、他の作家ではあまり読むことがありません。
過激な描写という点では、村上龍の小説に似ている感覚も受けますが、
自らも知らない深部に入り込む感じは、やはり中村文則氏独特だと思います。
救われた感覚は得られないし、すっきり感も全くない、
どちらかといえば暗らく辛い内容です。
私たちの普段の生活で、心の深部に切り込んで考えるような体験をすることはありません。
身近な人の予期せぬ死とか病気、大きな喪失を味わった時など
いずれも非日常に身を置くときに心に割れ目が入って、
深部にあるものが覗き見れるような気がします。
普段の暮らしの中で出くわす些細なことに一つ一つ丁寧に向かい合うことが、
凡人にできる精一杯のことのような気もします。

おわり

私たちは本質とは、そこにあるのか?

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

本を読む人だけが手にするもの


情報処理能力ではなく、情報編集能力を必要とされる時代である。
この情報編集力は、唯一の正解があるわけではない問いに対し、”納得解”を、
導き出せる能力ということです。20世紀の成長社会から、
21世紀は成熟社会へ移行していくため、納得解を導き出せる「ジグソーパズル型」から「レゴブロック型」
の人間が求められていると著者は述べています。

この本を手にして、「読書って、価値があるんだな。よし、本読もう!」という
気持ちになる方もいらっしゃると思います。それが、この本の狙いとするところ
だろうとは思います。しかしながら視点を変えてみれば、読書家の読書家のための
エンカレッジ本(読書家を勇気づけ、そうそう、本読むって、素晴らしいことだね)
のような気がします。読書家が、この本を読むと、ほんとに心地よくなります。
多様な分野の本を読むことで、考え方に幅が出てきて、質の高い思考と判断が
できるようになることは、今さら論を待つところでもないと思います。
ただ、小説は、その作家の価値観や世界観が反映されているので、
どうしても好きな作家の作品に偏ってしまいます。それは、仕方ないですね。

本書で紹介されている数々の書籍が気になって、読んでみたくなってきます。
『ピーターの法則』『天才』『オールド・テロリスト』『手紙屋』『脳と創造性』

終わり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『心が折れる職場』


とても共感できる内容でした。表面的なメンタルヘルス対策を否定されています。
上司がまず先に、自己開示行わないと部下は心を開かず、信頼関係は生まれない。
一方的に部下のメンタル不調原因を聞き出そうとしても、心の扉は開かれない。
確かにそうだと感じます。相手のことに耳を傾けますと一方的に宣言しても、
なかなか本音は出てこないですね。
それに、自己開示すること自体が、自分自身の成長につながるとことは、
”ジョハリの窓”理論からも裏付けられています。

また、管理職に知識付与的な面だけのメンタルヘルス研修をするほど、
心が折れる部下が増えるとも指摘しています。画一的でデリカシーの欠けた
対処方法に走ってしまうということです。

私は、かつてお世話になった上司から、
「人の上司になるということは、その人の人生に影響を及ぼすことになる。
 その気概を持って務めなさい」と言われました。
そこまで、関わりを持ちたくないと思う人も最近は、
上司側にも部下側にも増えていると思いますが、
この言葉は、決して忘れてはならないものだと思っています。

おわり

同じ著者の「劣化するシニア社員」という本が気になる。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『もう、「あの人」のことで悩むのはやめる』



特定のあの人が、私には何人かいます。
どうにも、私の心にしっくりその言動が腹落ちして受け入れられない人がいます。
私の思うように、相手が言動しないと腹が立ちます。
それは、自分の基準では、相手の基準(相手は相手の行動基準や価値観があり、
それに基づいて行動している)を理解できないということだが、
そのことで悩むのは(怒る)、相手の基準=他人思考で生きていることになるということ。
自分思考でいれば、それを悩まなくて済む。という趣旨だと理解したが、、、。
その通りに実践できる確信は持てなかった。

自己肯定感を高める7つの習慣というのが、説明されていました。

著者の経歴には、びっくりさせられます。
広島出身の方だそうです。
参考書評記事
<http://blog.goo.ne.jp/since2007_1984/e/6d97ab9391a433711ed8fbf18bd1e0aa>

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代



前々作「具体と抽象」に続き、納得感のある程度あった本でした。
すごく斬新な概念が示されているわけではないですが、
”みんな”がうすうす分かっていることを認識していることを改めて整理し、擬人化して表現している本です。
”みんな”と表現しましたが、内容からすれば、この本が書けるのは、「キリギリス」のほうということになります。
川上から川下は見えるが、川下から川上は、見えないということ。
人間がすべて「キリギリス」となり、AIやロボットが「アリ」になるのが、究極の世界なのか?
プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター