FC2ブログ

『考える力がつく本 ―本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門』 著者:池上 彰

もちろんですが、この本を読んだら「考える力が」身につくわけではありません。
最近のこのソフトカバー的な本の帯には、「すぐ使える」「よくわかる」「誰でもできる」という
うたい文句が多用されています。お客さんの目を引き、本を手に取ってもらうためのキャッチコピーなのですが、
それ以上の効果が本当に言葉通りあるわけでは、ほとんどの人にとってありません。

ほとんど、自分の能力を向上させる方法や考え方を進化させる方法は、巷間すでに言われているものが多く、
知っているかどうか、知っているならやるかどうかにかかっています。
「考える力」をつけたいけど、どうしたらいいかわからないというのは、この情報過多の時代には、考えにくいように思えます。
それとも、過多ゆえに選択基準が持てないと悩んでいるということなのかな? 
それなら、少しづつ試してみればとも思ったりもしますが。

さて、本の内容ですが、
考える力を身に着けるには、どうアプローチするかがメインに書かれています。
難しいことを簡単に説明してみる。インプットが大切だから、新聞やネット情報にはどう向き合うか、
図表を活用して理解を深める方法、人から話を聞くコツ、本の選び方・読み方が、
池上さんの記者時代の経験も踏まえて紹介されています。最終章で、”リーダーたちは何を読んできたのか”と題して、
ビジネスの一線で活躍しているリーダーたちの読書観や影響を受けた本の紹介があります。
成功を成し遂げた人の人生観やビジネスの考え方にどのように影響を与えたかの話は興味深く、
またこれらの書籍を読んでみたいという気持ちが高まってきてしまいました。

「考える力」とは何なのかという本質的なことについて、次のように書いています。
そもそも考えるとは、自分の中にある情報(インプット)をもとに、自分なりの結論(アウトプット)を導き出す作業です。
質の高いアウトプットをするためには、まずはインプットが重要なのです。

このインプットを増やす代表が、「読書」ということになります。
本お読み方・選び方につても書かれています。しかし、そんななかで、「ハッ」とさせられる一文がありました。
ドイツの哲学者ショーペンハウエルの『読書について』に書かれている内容が紹介されています。
「読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。
習字の練習をする生徒が、先生の鉛筆書きの線をペンでたどり様なものである。
だから読書の際には、ものを考える苦労はほとんどない。自分で思案する仕事をやめて読書に移る時、
ほっとした気持ちになるのも、そのためである。
だが読書にいそしむ限り、実は我々の頭は他人の思想の運動場に過ぎない。」
これは、読書家に人にとって、足元をすくわれるような辛辣な意見です。
かれは哲学者ゆえにこのような発言ができると思いますが、アウトプットを伴わない、
読書のようなインプットだけでは、十分考えることが自分の頭の中でできていない。
それのみでは「考える力」の向上に有機的にむずびつかないということですね。
そうです「アウトプット」するという行為までつながって考えることであり、
その循環を繰り返すことで「考える力」が強化されることにあります。

このような、読後の感想をまとめたり、読書会と称して、
過去に自分が読んだ本を誰かに紹介するのもいいことかなと思います。
もちろんそこに書かれている考え方を自分が実践して気づきを得ていくことができれば素晴らしいことですね。
最も難しいアウトプットですね。

そしてもう一つ、「考える力」の重要な基本的要素である「わかる」とは、どういうことかについて、
元京大総長の長尾真氏の著作”「わかる」とは何か”という著書から次のような説明を引用されています。
「話題になっていることに関連した知識はほとんど持っている、しかしその話題がその知識によって解釈できない、
という状態にあって、そこで何かのヒントを得た結果、持っている知識によって、
その話題が完全に解釈できるということが分かった時、「わかった!」ということになる。
(中略)「わかった」というのは、知識を得たのではなく、自分思っている知識によって、
ある状況が理解できたという場合である。

まとめると、「わかる」とは、自分がこれまでもっているバラバラの知識がひとつの理論の下にまとまった時です。

業界著名人との対話で、自分の考えに影響を与えた書籍が紹介されて、
各リーダーたちのRECOMEND書籍もあり、読んでみたいという気持ちが高まってきました。
ファーストリテーリング会長”柳井 正”
・イノベーションと企業家精神
・ホンダジェット
・少しだけ、無理して生きる(城山三郎)

ドン・キホーテ会長”安田 隆夫”
・ビジョナリーカンパニー
・掏摸(中村文則)
・生命40億年全史
中村文則の掏摸がリコメンドされているとは思いませんでした。
私も好きな作家なので、共感できました。

富士フィルムフォールディングス会長”古森 重隆”
・ツァラトストラかく語りき
・日本の知恵 ヨーロッパの知恵
・ジャン・クリストフ

日立製作所元相談役 川村 隆
・「アクション・バイアス」
最近の経営書で、どの会社にも働くエネルギーの高い、いわゆる「いい子ちゃん」はたくさんいるらしいです。
この人たちは髪を振り乱して一所懸命仕事をしています。でも、実際に意味のある行動をとれているとは限らない。
そういう人が全体の4割だそうです。次に働くエネルギーが低く、行動を先延ばしにするタイプが3割くらい。
両者を足すと、7割になります。あとは言われたことはやるけど、それだけという人が2割。本当に自ら目的をつくって、
意味のある行動ができる人は、1割しかいないということです。
・「カラマーゾフの兄弟」
人間がいかに複雑なものかを描いた物語。他の経営者からも紹介されています。
・「ラッセル幸福論」
自分の関心を内へ内へと向けるのではなく、外界へと向けて、
あらゆることに好奇心を抱くことが幸福獲得の条件だと語っている。

星野リゾート代表 星野 佳路
・1分間エンパワーメント
・吹けば飛ぶよな日本経済
・幸福に死ぬための哲学(池田昌子)

レノバ会長 千本倖生
・カラマーゾフの兄弟
・峠(司馬遼太郎)
・蝉しぐれ(藤沢周平)

マックス証券会長 松本 大
・スリランカの赤い雨
・風と光と二十の私と・いずこへ
・エレンディラ

ライフネット生命保険会長 出口 治明
・クリミア戦争
・バドリアヌス帝の回想
・邪宗門

『大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本』 (集英社文庫)


大人の発達障害は、”治らない”ということを、改めて認識しました。
著者が主張されているのは、そういったある意味の「生きづらさ」を持っている人たちに、
その特性を理解して受け入れていく世の中にしようということです。
そのために、「生きづらさ」を持つ人たちにかかわる人たちは、
正しく理解し、寛容に受け止めてくださいということです。

自分の知っている人で、「なんでこの人は、こんなことができないのか?」
「なんで常識的かつ一般的な言動ができないのか?」と思い当たる人は何人かいる。
そのことに対して、私は理解ができず心穏やかでなくなることもしばしばありました。
それに対してはよく書店で目にする「アンガーマネージメント」とか「怒らない技術」といった本を読んで、
主に怒りに対する処方を考えてきました。
しかし、この本を読み始めてから、そういった「生きづらい」人は、障害を持つ人達であり、
本人だけの力では「どうしようもない」ことなのだなと認識するようになってきました。
そうすると、怒りを覚えていた人達に対する考え方が少しずつ変化したきました。
”やらない”のではなく、”できない”のだ。それが発達障害のために”できない”のだ。
そう考えてその人たちを見ると怒りが和らいできました。
受け止める側の正しい理解に基づいた寛容さが円滑な関係を維持することに繋がると認識しました。

この本の最後に発達障害をチェックするシートが付いていて、チェックしてみました。結果は、、、、。
判定の如何に関わらず、この本を手に取った時点で、何か普通の人とは異なる心理が横たわっているのだろうと思います。
それは、横たわっているだけに、自分では気が付かないのかもしれませんね。

2019.3.3追記
自分と一緒に仕事をしている職場の仲間にも、多かれ少なかれ「発達障害?」と感じることがあります。
でも、世代間の価値観の違いと理解しないといけない部分もあるのかな?
自分のことだけでなく、相手のことまで思い図ることができるかどうかが、
一番の世代間の価値観の違いを生んでいると認識しています。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

生きる


第127回直木賞受賞作です。

時代は、江戸時代初期でしょう。関ケ原の戦いで敗軍となり浪人となった父が、
ようやく食禄を得た十一万石の主家に自らも仕え、馬回り組五百石の家柄となった男の生き様を描いています。
と言っても彼(又右衛門)の成り上がっていく物語ではなく、主君の死に対し、追腹を切るか切らぬか、
その選択の結果に如何に向き合って”生きる”かを描いた作品です。
登場する人物の心の機微に触れながら、自分の選択を周りの誰もが認めてくれない
という怒りと諦めに抱かれながらも”生きる”ことに気づいていく男の心情が、丹念にそして誇らしく描かれています。
主人公は、自ら望んでその生き方(作中では、家老の頼みで、主君の追腹を切らない)を選択したわけではない。
その選択結果を淡々と、自分に説くようにして生きているように思える。
しかし周囲の目は冷たく彼の生き方に理解を寄せるものは、家族にさえもいなくなってしまう。
その悲観的な状況に追い込まれてから、自らの気づきで再生していく様を描いた作品後半の描写は、
人間の持つ”生きる”力を誇り高いものとして称賛していると感じます。

久しぶりに心揺さぶられた文章。
・・・やがて「いきているのがつまらなくてならない。生きる目当てが霞んでしまうと、
強く生きてゆこうという意志もどこかへ消えてしまった。あるいはこのまま藪のかせ枝のように、
ただかれてゆくのだろう。」という心情に陥っていきます。
誰からも”あなたの判断は間違っていないですよ”と支えて貰えない人間の行き着く心境として必然のように思えてしまいます。
そしてついに暗然たる気持ちは彼を覆い、毎日を無為に過ごすようになる。
やがてその無為に生きる日々にも飽きてきて、
自分にこの選択を迫った元凶である国家老への書状を認め始めるのであった。
「どうせ恥辱に塗れたまま死ぬのなら、恨みつらみを吐き出してやろうと思ったのである」
「ところがいざ恨みを綴り出すと、どれもこれも力を出せば克服できたはずのものに思われ、
書けば書くほど泣き言を並べているような気がした。家中の誹謗中傷は容易に予測されたことだし、
自信さえあればこれほど翻弄されずに済んだのではないか。」
・・・「死んだ小野寺郡蔵(追腹を切らなかった同僚で断食して果てた)の分まで書いてやるつもりが、
胸のうちを文字にしてみると、恨みの正体が見えてきて、その薄さに気付かされたのだった。
長い間、評定を聞いたままに書き留めることに馴れてしまい、
中身の重さや真意について考えないことが癖になっていたのかもしれない。」
(こんなことでわしは苦しんでいたのか)
何もせず、ただ恐れ立ち尽くし、嵐が去るのを待っていただけではないか。
吐けるだけ吐き出し、自分の不甲斐なさを差し引いてみると、
あとに残ったのは不当な扱いをする世間への反骨と、そういう事態を放置している家老や重職に対する正当な不満だった。
そのことに驚き、後悔もしたが、又右衛門は何よりも闇の中に一条の光がさしたように思った。
彼は三日ほどかけて書いた手紙を破棄した。

この経験を経て、彼(又右衛門)は、再び登城し役職を務めだします。

「僅かなことで人は変われるものだと、やがて他人事のような感想がもてたとき、
又右衛門はようやく本来の尊厳を取り戻したらしい自分を感じた。
それが当然のように毅然として白眼を白眼で見返し、青眼を向けてくるものがあれば青眼で応じるという、
感情の生き物としてごく普通のことができるようになったのである。

その後、彼は、自分に面と向かって蔑みを込めて接するものを睨み返し、
「おぬしに人間の値打ちがわかるか」と胸の中で言い返えすことができた。

この男は、孤独のなのに矜持を抱いて生きているといえるのか?
辿り着く境地は、諦観の先にある微かな誇らしさか?

この物語を読んで、この主人公と対局的な主人公を描いた作品を思い起こしました。
北方謙三の「一人群せず」の光武利之です。彼は、「自らを持って由とする」という自由を矜持と共に生き抜いた。
どちらの主人公にも共感を持ちます。男として。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック


本書によれば、怒りのタイプは6タイプに分類され、
そのタイプごとに処方が異なるということです。

怒りは瞬間的に生まれるものではない。
出来事との出会い→意味づけ→怒り感情の発生となる。
若い時はこの構図が認識できていなかったが、年齢を重ねてくると、この構図が段々と分かってきた。

”怒り”は、人間をダメにする「三毒」の一つだと、お釈迦さまも解いておられる。
怒りのない人生はありえないが、制御できるかで人生が大きく左右される。
特に人間関係は、その影響を大きく受けますね。
これは私の拙い人生からも学んだことです。

因みに、私の怒りは、「威風堂々」タイプに分類されました。
このタイプの人の特徴と長所/短所はこんな感じです。
長所はやや違っているが、短所は、その通りだと思いましたね。
■長所
どんな状況でも気圧されることなく、堂々と自分らしくしていられる。
行動力があり面倒見もいい。そんな勝者の雰囲気から、自然とリーダー格として
周囲に認められ、自分でも周囲の期待にふさわしい行動で応えようとします。
■短所
自信過剰、自己中心的になりがちなところがある。
他人をコントロールすることにあまり罪悪感がないので、時に上から目線な言動で
周囲の人たちを威圧します。また、低い評価をされると意固地になってしまう傾向
があり、自分を理解してくれる人にしか心を開くことができないところも。
誰とでも難なく付き合っているように見えても、実は表面的な付き合いしかできて
いないことがあります。
■怒り方の癖
プライドが高いため、邪険に扱われたり、軽く扱われたりすると腹を立てます。
自分で自分を評価できる一方で、他人からの評価を必要以上に気にしすぎるところ
がある。
・自信過剰で自己中心的になりやすい
・プライドが高いため傲慢になりやすい
・自分は選ばれた特別な人間と思っている
・人から少しでも大切に扱われたいという思いが強い
・権利、義務、欲求を混同してしまう
■怒りの裏にあるキーワード
自尊心、自信過剰、支配力、プライド、勝者の視点、俺様、不遜
■改善トレーニング
それ(目の前で起こったこと)は「義務」「欲求」「権利」なのかを考えること。

ホンマに、短所はあたっとる。

『この国の空』


太平洋戦争末期の東京で暮らす一人の女性が、少女から大人になっていく様が、
精緻な市井の暮らしぶりと共に描かれている作品です。

戦争に影響を受けた人々の人生を描いた作品は、浅田次郎作品を、
しばしば読みますが、市井の人々の暮らしを精緻に描いている作品は、
初めて読んだ気がします。
自宅の庭を畑にしトマトなど野菜を栽培しているところで、
畑の土に家の下肥を自分で撒く様は、主人公が女性であるだけに、
情景ばかりか、その時代の匂い空気を震わせてながら伝わってきそうです。

主人公”里子”の心情が細密に、しかし誇張、虚飾されずに描かれており、
人間としての成長と共に女性としての心情の揺らぎを感じることができます。

20歳の女性と妻子が疎開して一人で暮らしている隣人の
38歳の男性の間に生まれた恋。戦争が終わり、二人の関
係はどうなるのか?そこは描かれずに終わっています。
「この国の空」を見上げるように様々な思いを馳せるだけです。

昭和58年作品。谷崎潤一郎賞受賞

この本は、リサイクル本の店を回っていて、偶然出逢って手にした一冊です。
いい作品に出逢えたと思っています。
31年ほど前の作品ですが、戦時下を描いた作品であることも影響していると思いますが、
作品に劣化を全く感じませんでした。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター