『幸せになる勇気』


青年(若い教育者)と哲学者の会話形式を、前作(嫌われる勇気)から同様でとっています。

青年が、前回の哲学者との出会いで学んだアドラー心理学を、教育の場で実践したが、全くうまくいかず、
またしてもアドラー心理学を否定するために、哲学者と会話を始めるという設定です。

アドラー心理学において、幸福とは、その場に留まっていて享受できるものではない。
踏み出した道を歩み続けなければならない。
そのために「人生における最大の選択」をすべきであり、その選択とは「愛」だという。

これが、アドラーが辿り着いた結論だと書かれています。

この結論ゆえに、アドラー心理学は、宗教ではないのか?
という疑問から哲学者と若い教育者の会話が始まります。
なぜ宗教だといわれるのか?
若い教育者は、アドラーは、まるでキリスト教が説く隣人愛のような甘ったるい説教をしていると詰め寄ります。
事実、アドラーが「共同体感覚」という概念を語り始めた時、「こんなものは科学でない」といって、
多くの仲間がアドラーのもとを離れてしまいました。

しかし、哲学者はこう答えます。
すべてを知っているといって、知ること考えることをやめてしまうとそれは「宗教」へ足を踏み入れている。
しかし、自分は何も知らないということを知って考え続けることが哲学であり、アドラー心理学にも言えることだと説明しています。
この考え方は「無知の知」と呼ばれる概念です。

この後、本文の中で展開されていく青年の主張は、きわめて一般的で正論であると思え、共感すら覚える部分があります。
しかしそれらに対する哲学者のアドラー心理学に基づく答えは、人間、あるいは人間関係の本質で核心的な内容です。
テーマが教育であり、私が所属する組織の中で担当している仕事である点からも、
様々な気づきがありました。

●教育の目標は「自立」である。
教育とは「介入」ではなく、自立に向けた「援助」だと説いています。これはアドラー心理学の根幹である
「課題の分離」によるものだと思います。これは誰の課題なのか?「自分の課題」と「他者の課題」に分離する。
承認欲求さえも「他者の課題」であり、他者の人生を歩むことになるとしています。
「自立」とは、自らの手で自らの価値を決定することである。一方、自らの価値を他者に決めてもらおうとする態度、
すなわち承認欲求は、ただの「依存」であると。

●教育者は孤独な存在です。
誰からもほめてもらえず、労をねぎらわれることもなく、みな自力で巣立っていく。感謝すらされることのないままに。
この孤独を受け入れよ。生徒たちからの感謝を期待するのではなく、「自立」という大きな目標に自分は貢献できたのだ、
という貢献感を持つ。この貢献感の中に幸せを見出す。それしかないと。そして、幸福の本質は「貢献感」なのだと。
もし「あなたのおかげで」という言葉を待っているのなら、あなたは、彼らの「自立」を妨げていると。
<この考え方は、教育に携わっているものなら必ず溺れてしまう自己承認欲求を、真向否定しています。
そこまで言われることはないのでは?とさえ思います>

しかし、哲学者はこう続けます。
自分の人生は、日々の行いは、すべて自分で決定するものなのだと教えること。
そして、決めるにあたって必要な材料ーたとえば知識や経験ーがあれば、それを提供していくこと。
それが教育者のあるべき姿なのだと。
<自己責任を負えるということは、自立していると言い換えれるでしょう。私たちの組織では「自律」という字を使います。
ただ、組織の中においては、自己責任で行動できないこともあるので、そこをはき違えないで指導をしなければなりません。
個人的には、この考え方が昇華したものが、「自由」だと考えます。
自らを由とする生き方をすることに他ならないと考えます。

●メサイヤ・コンプレックスについて
哲学者は、悩める青年にこう言います「あなたが教育者の道を選んだのは、子供たちを救いたかったからではない。
子供たちを救うことを通じて、自分が救われたかったのです」他者を救うことによって、自らが救われようとする。
自らを一種の救世主に仕立てることによって、自らの価値を実感しようとする。これは、劣等感を払拭できない人が、
しばしば陥る優越コンプレックスの一形態であり、一般に「メサイヤ・コンプレックス」と呼ばれています。
メサイヤ、すなわち他者の救世主たらんとする心的な倒錯です」
とても手厳しい指摘です。私自身に向けられていて、胸にぐさりと刺さる言葉です。救世主になっているとは思わないけど、
「ええことしてる」という感覚は、それなりにあると思います。認められたい承認欲求と相まっているので、やっかいかもしれません。
しかし、その”やっかいなもの”を抱えて生きていくことも自分自身の人生だろうと思います。
この”やっかいなもの”に対する認識は、全く別の本「ふがいない僕は空を見た」(窪美澄)を読んだ時に生まれてきました。
その本の中に、”やっかいなもの”についてこう書かれています。
誰にも話すことができない、心の中にあるもの。それは灰色掛かった煙幕の中に、確かに蠢く”恐ろしいもの”や”氷のように
怜悧なもの”であり、決して温もりを持たない。また”真新しい薄紙のエッジが引き起こす痛み”のようでもある。
捨て去ろうとしても決して心の中から無くすことができなくて、今日まで、自分が養い続けた「やっかいなもの」です。
それを捨て去ることは、誰にもできない。ただただ、ともに息苦しく感じながらも、生きていくしかないということ。
これを読んで、自分は、まだまだ”やっかいなもの”と生きていくんだと思いました。

●私であることに価値を置く
他者からの承認を求めるのではなく、自らの意思で、自らを承認するしかない。
「わたし」の価値を、他者に決めてもらうこと。それは依存です。一方「わたし」の価値を自らが決定すること。
これを「自立」と呼ぶ。それができないのは「普通であることの勇気」が足りていない。
この考えが昇華したものが「フロー」状態と呼ばれるのかもしれません。

このアドラー心理学は、他の心理学に比べて難解といわれています。
昨今注目されていますが、今まであんまり耳にしなかったです。
私自身も他の心理学と比較する知見はありませんが、この本を読んだだけでも、
体系的に理解し腹落ちさせること無理だと感じます。知識として保有することは可能な気がしますが、
実践し人生の中に埋め込むのは不可能な気がします。
知識としての域を出ないように思います。しかし、色んな切り口で、私自身の「コンプレックス」を突いてきます。
自分にシニカルな冷笑を浴びせつつ、大きく人生の軌道を逸脱しない抑止的な”考え方”として
”そばに”おいておきたいと思いました。

本は、5つのパートで構成されています。
第一部「悪いあの人、かわいそうなわたし」
第二部「なぜ「賞罰」を否定するのか」
第三部「競争原理から協力原理へ」
第四部「与えよ、さらば与えられん」
第五部「愛する人生を選べ」

この本は、2016年4月に、私の誕生日プレゼントの一つとして、職場の女性たちから頂いたものです。
大変遅くなったのですが、読み終えた感想をまとめました。
いつも、お気遣いいただきありがとうございます。

2016年、56冊目です。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『職場の飲み会』

昨日、職場の飲み会に参加しました。
他の職場から異動してきたした人や育児休暇から復職し来た人。
新しく派遣された人の3人の歓迎会でした。
2時間半ほど、小さな居酒屋でやりました。

もう、飲み会は卒業にさせてもらいたい。
体力的なしんどさより、精神的に苦しい。
私は、お酒が飲めず酔っぱらうことができから、そう感じるのかもしれません。
飲み会では、自分の作った自分の役割を演じています。
心から、楽しいと思ったことがありません。
大体、飲み会が終わるといつもものすごく物悲しくなります。
帰り道、ふと路影や広いホールの片隅に、
存在を消すように、その場に立ちすく目に入る風景を眺めています。

結構飲み会では、話もするし、いろんな人と冗談を交わしたり、
大きな声で笑ったり、女性社員を写真を撮ったり、
私は一時期カメラが趣味だったので、ここ2,3年はカメラを飲み会に持ち込み、
その場の様子を写真にとっています。いつもカメラを首にぶら下げてうろうろしてます。
そのおかげで、酒が飲めないで間が持てないということはなくなりました。
ただ、皆さんお酒と共にテンションは上がってきますし、
今様の話題で盛り上がります。わたしは女性が飲んでいるカクテルのような
お酒のこともわかりませんし、特にそのことについて話題に加わろうとも思いません。
どんなに笑っていても、それは私の心の上澄みにしかすぐない感じです。
飲み会なんて、酔っぱらって、大騒ぎして、ストレスを吹き飛ばしたり、
人間関係をやわらかくするというもなのでしょうから、
心底、琴線が交わるような話をする場ではないのでしょうね。
森博嗣のエッセーに、飲み会で酒飲んで人の悪口を口にするではなく、
もっと学術的な話や社会的な話を静かにするわけにはいかんのかという主旨のものを読みましたが、
共感できる気がします。ノリノリでテンション上げて話すなんて、、私には、本来できることでないのだと思います。
酒の飲めない堅物の私は、お茶らけたセクハラオヤジを演じるしか、身を置く場がない感じです。
その間を繋ぐためにカメラ撮影を持ち込んでいるといった感じでしょうか。
人々はいったいいつ心の琴線を触れ合わせた話をするのだろうか?
そういうことが必要なのでは?と思ったりしまいのかもしれません。
私自身も、自分の内心をさらしているわけではないので、そういう状態を経験したことがありません。
Small World的に考えると、僕の寂し気持ちを分かって。僕の苦しい、悲しい、胸のうちを
理解して欲しいというだけなのかもしれません。
理解して、癒してほしいというのが、本音かもしれません。

追記
Kは異動は、自分が直訴したといってたね。事情は、誰にも言えないけど、
周りのみんなにそういった理解をしてもらったほうがいいだろうね。
とりあえず其れで由としましょう。

『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』


素敵な本だと思うよ。
この年齢になって読むからそう感じるのでしょう。

この本を誰かに進めたいかって?
若い人たちには到底無理だし、かといって老いた母に進めるのも気が引ける。
自分の中の引き出しに仕舞い込んでおくのが、ちょうどいいようだね。
それも少しやわらかめの素材で作られた引き出しがふさわしい気がする。

残された時間が少なくなると、「丸裸の自分」が見えてくる
明日は必ず訪れるが、自分のためという保証はない。
それでも、喜んで明日を迎えるために祈りがある。
人間は誰でも、過去-現在-未来という時間の流れの中で生きている。
過去の出来事、過去に得たものを土台に、未来への夢や希望を抱きながら、現在を生きている。
だから、過去や未来としっかり繋がっているかどうかが、
その人の現在の生き方や自己肯定感を大きく左右します。
一般的には、未来を失うということは、今生きる意味を失うことになる。

今の自分の状態に満足や肯定感がなく不安や生きがいの無さを混じているとしたら、
それは、「やらないこと」を選択してきた結果なのだろう。やらずに済ましてきた結果なのだから、
今の状態は、自分の判断の結果であり、他人に選択してもらった結果ではないはず。
自分の責任なのだ。「やること」を選択し、何かを変えていく『覚悟』があるかどうかが、
私たちの今を変える唯一のことだといえる。

ここ最近仕事をして思うことは、今、あるいは今日「やらない」で先送りしてしまったことは、
もう二度と「することはできない」ということです。
残された時間が少なくなってきたことが、そういう心情にさせています。
「やりきるか」、「やらないか」の2つしかなく、「先延ばし」にする「あとからする」は、できなくなってしまった。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『情報を活かす力』



池上さんのNHK記者時代から続けている、情報活用する手法を紹介しています。
俯瞰性とかにかなり重要性があると感じました。
デジタル的手法とアナログ的手法(新聞記事のスクラップ等)をそれぞれ、柔軟に使っています。
補完しているといえるかもしれません。
しかし、原点は、問題意識の幅と深さだと思います。
情報活用テクニックをいくら公開して頂いても、自分が関心(問題意識)がないことに関しては、
どんなクリティカルが情報でも素通りしてしてしまいます。
何に問題意識を持つか?
社会全体の動き、政治、エネルギー、教育、文学、スポーツ、領域を分ければ、きりがないですが、
これもあまり絞り込まないほうが、いいのでしょう。

(2016年54冊目)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『ふがいない僕は空を見た』


2016年、53冊目です。

読み始めた時は、若い人の今様のSEXに対する軽量な考え方で書かれていて、
私のような年配者の心情に寄り添ってくる言葉や心に問いかけてくるものを感じられませんでした。
しかし、最後の「花粉・受粉」の話まで読み進んでいくうちに、
少しづつ心に少しの時間留まる文節や、考えさせられるシーンや想像力を起動する文章が出てきて、
最後には、何かしら言いようのない”私の心の満たされないところ”に
寄り添ってくる感触を得るに至り、読了しました。
巻末の解説文を読んで、それが何なのかがはっきりするのです。
それは、私が抱える「やっかいなもの」なのです。
誰にも話すことができない、心の中にあるもの。
それは灰色掛かった煙幕の中に、確かに蠢く”恐ろしいもの”や、
”氷のように怜悧なもの”であり、決して温もりを持たない。
また”真新しい薄紙のエッジが引き起こす痛み”のようでもある。
捨て去ろうとしても決して心の中から無くすことができなくて、
今日まで、自分が養い続けた「やっかいなもの」です。
それを捨て去ることは、誰にもできない。
ただただ、ともに息苦しく感じながらも、
生きていくしかないということ。
この本は、すべての文書を使って、それを伝えているのではないだろうか?

(2016年53冊目)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター