スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代



前々作「具体と抽象」に続き、納得感のある程度あった本でした。
すごく斬新な概念が示されているわけではないですが、
”みんな”がうすうす分かっていることを認識していることを改めて整理し、擬人化して表現している本です。
”みんな”と表現しましたが、内容からすれば、この本が書けるのは、「キリギリス」のほうということになります。
川上から川下は見えるが、川下から川上は、見えないということ。
人間がすべて「キリギリス」となり、AIやロボットが「アリ」になるのが、究極の世界なのか?
スポンサーサイト

一瞬で大切なことを伝える技術



今年入社した新入社員の質問(悩み?)に対する答えを考えていて、
積読状態になっていたこの本を見つけて読んでみました。
ポイントは、重要思考で考え、伝えること!
ロジカルシンキングにうまくなじめなかった人向けの初級入門編です。

(2016年61冊目)

世界から猫が消えたなら


原作は、すぐに映画化されたようですね。
書店の映像化コーナーに置かれていました。
出版後すぐに購入する習慣がないので、こういったところに置かれていて、
初めて手にすることになりました。
多分映画の宣伝を何度かテレビで目にしていたので、
気に留め手に取ったのだと思います。
ある意味、コマーシャル戦術に見事に
はまっている読者の一人かもしれません。

作中に出てくる”悪魔”は、アロハシャツを着ています。
物語の構造は深刻なものだと思いますが、これによって、
話を軽量化している。さらに後の映像化にためかなとも思います。
そこまで、考え抜かれた作品なのでしょうね。

さて、本題ですが、生きたいという強い執着を主人公からは感じと
れません。生と死に関する普遍的なテーマを取り上げているとは思えません。
最後に確か、父親との和解があったと思います。
許すとか享受するということが、おしまいの始まりなのかなと
思わせる結末でした。

(2016年、60冊目)

『マンガでよくわかる怒らない技術』



この本を読んでいた頃、職場で私が腹を立てていて、怒りをぶつけている人がいたので、そこへ思い入れしながら読みました。
幸いなことに、現在その人への怒りはすっかり解消され、人間関係も良好となりました。
しかし、一度怒りを誰かにぶつけてしまうと、そのあと人間関係を修復、発展させることは非常に困難ですね。
私には他にも怒りをぶつけた人はいるが、人間関係は凍り付いたままがほとんどです。

人間関係を凍り付けてしまうよな「怒り」に到達する以前の状態でも、周りに怒りをぶつけて、
嫌な思いをさせている人はたくさんいます。
そういった、相手を不快にしかさせない「怒り」を自分自身がどうやって制御するのかを説明した一冊です。
そしてこの本は、元は「怒らない技術」という新書版があります。それを、マンガ仕立てにして、読みやすくしたものです。
「マンガでわかる〇〇 」という定番の販売方法ですね。元の新書を読んでいるので、
さらに読む必要がないとは思いませんでした。読んだ本の内容は、普段ほとんど、”海馬”の奥に沈み込んでいるので、
こういった形で読むと記憶が少し蘇ってきます。

この本の中には、その当時私が腹を立てていた人のイニシャルが何か所にも書きこまれています。
またその時の怒りの気持ちもその本の中に走り書きされています。
ある面で、この本の中で紹介されている一種のアンガーログをとるようなことに相当しているようです。
また怒りは第2感情といわれて、怒りの原因となる感情がある。
相手を支配したいとか、優しくしてほしいとか、自分に感謝して欲しいとか、
そういった感情が私には常にあるように思いました。

でも、「怒らない技術」といっても、自分の心の中に生まれる”怒り”をなくそうという取り組みではありません。
そこはもっと違うアプローチがあると思います。
人は怒りたければ怒っても構わない。怒りによいも悪いもありません。
怒りの表現・表出の仕方によい悪いがあるだけ。
怒りの8割は、自己満足のために表出している不要な怒りだと言われています。
先ずは、自己満足のために表出してしまっている8割の不要な怒りをなくしましょう。
そして、2割の必要な怒りを正しく表出させましょう。この本は、感情のコントロールについて書かれています。
感情のコントロールができれば、人生をコントロールすることができます。

その通りだと思います。
トレーニングによってそれを手に入れるか、加齢による衰えでその怒らなくなるかのどちらかですが、
早い時期に、トレーニングによって、「怒らない技術」=「感情のコントロール」を手に入れた方が、
いい人生を送れると思います。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『日本はこの先どうなるのか』


日本は、深刻な財政状態ではないとの主張が基軸になっています。
借金は、実質100兆円であり巷間言われている1100兆円ではないとも。
日本は様々な資産を保有しており、なおかつ日本銀行は政府の銀行であり、
会社で言えば子会社に相当するという考え方(国際的にはそう見られる)で
バランスシートを作成するとそういう数字になるとのこと。
著者は元財務官寮でであり、実際にそういった資料を作成していたと書かれています。
しかしこのままでは日本の財政状況は悪化していくことは分かっている。
それを回避するには、「増税を実施し、社会保障や地方交付税の大幅削減」しかない
というのが財務省のシナリオだそうです。
ビックリしたのは、財務省のウェブサイトに財政改革ゲームなるものがあり、
財務大臣になって財政改革をします。しかし、このシュミレーションゲームは、
増税と社会保障費の大幅削減をしなければクリアーできない。
こうやって国民への刷り込みを進めているとのこと。
滑稽な気もするが、ちょっと恐ろしい企みのような気もしますね。
もう一つ面白かったのは、選挙がなく民主主義がない中国に、
AKB48の選抜総選挙を広めて、選挙の価値を知らしめるというアイデイアです。
そうか、かの国には、確かに選挙が無いんだな。
AKB48はマスコミより平和へ貢献できる!ということです。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。