FC2ブログ

『職場の飲み会』

昨日、職場の飲み会に参加しました。
他の職場から異動してきたした人や育児休暇から復職し来た人。
新しく派遣された人の3人の歓迎会でした。
2時間半ほど、小さな居酒屋でやりました。

もう、飲み会は卒業にさせてもらいたい。
体力的なしんどさより、精神的に苦しい。
私は、お酒が飲めず酔っぱらうことができから、そう感じるのかもしれません。
飲み会では、自分の作った自分の役割を演じています。
心から、楽しいと思ったことがありません。
大体、飲み会が終わるといつもものすごく物悲しくなります。
帰り道、ふと路影や広いホールの片隅に、
存在を消すように、その場に立ちすく目に入る風景を眺めています。

結構飲み会では、話もするし、いろんな人と冗談を交わしたり、
大きな声で笑ったり、女性社員を写真を撮ったり、
私は一時期カメラが趣味だったので、ここ2,3年はカメラを飲み会に持ち込み、
その場の様子を写真にとっています。いつもカメラを首にぶら下げてうろうろしてます。
そのおかげで、酒が飲めないで間が持てないということはなくなりました。
ただ、皆さんお酒と共にテンションは上がってきますし、
今様の話題で盛り上がります。わたしは女性が飲んでいるカクテルのような
お酒のこともわかりませんし、特にそのことについて話題に加わろうとも思いません。
どんなに笑っていても、それは私の心の上澄みにしかすぐない感じです。
飲み会なんて、酔っぱらって、大騒ぎして、ストレスを吹き飛ばしたり、
人間関係をやわらかくするというもなのでしょうから、
心底、琴線が交わるような話をする場ではないのでしょうね。
森博嗣のエッセーに、飲み会で酒飲んで人の悪口を口にするではなく、
もっと学術的な話や社会的な話を静かにするわけにはいかんのかという主旨のものを読みましたが、
共感できる気がします。ノリノリでテンション上げて話すなんて、、私には、本来できることでないのだと思います。
酒の飲めない堅物の私は、お茶らけたセクハラオヤジを演じるしか、身を置く場がない感じです。
その間を繋ぐためにカメラ撮影を持ち込んでいるといった感じでしょうか。
人々はいったいいつ心の琴線を触れ合わせた話をするのだろうか?
そういうことが必要なのでは?と思ったりしまいのかもしれません。
私自身も、自分の内心をさらしているわけではないので、そういう状態を経験したことがありません。
Small World的に考えると、僕の寂し気持ちを分かって。僕の苦しい、悲しい、胸のうちを
理解して欲しいというだけなのかもしれません。
理解して、癒してほしいというのが、本音かもしれません。

追記
Kは異動は、自分が直訴したといってたね。事情は、誰にも言えないけど、
周りのみんなにそういった理解をしてもらったほうがいいだろうね。
とりあえず其れで由としましょう。

『2014年  正月』

2014年の元日を迎えました。

妻は子供達と一足先に実家に移動しました。
一人に家に残って、届いた年賀状を見たり、
テレビなどを眺めているとこの国の先々はまずいのではと感じてしまう。

テレビでやっている番組は、年末年始と娯楽番組オンパレードですね。
これだけ毎年パターン化したバカバカしく思える番組を放送し続けるてる世の中って、
どういうことなんだろうと思ってしまう。

誰か影の支配者がいて、国民を愚民にしてしまうことで、
この世の中をコントロールしようとしてやってるのではと感じてしまう。
その影の支配者と現世の支配者が影で密約を結んでいるに違いない。
そう考える私は愚民ではないと言いたいが、大したことができるわけではない。
せめてしっかり本を読んで、事柄に沈思黙考する時間を持ちたいと思います。

TVの携帯電話のCMだったと思うが、日本一低い山に登りたいとか日本のマチュピチュとかを
サクサク検索して情報得て、現地に飛んでいくというやつです。
自分で情報探して、それを組み立てて計画し実行し阻害要素を解決していくという行動プロセスを、
ほとんどショートカットするスタイルを奨励しているように思える。
これも、影の支配者がいて、民を愚民化するする企みの一つではないかと思える。
そうでないなら、人間が自ら娯楽と気楽を追求して退化していく運命をばく進しているのか?
職場でもこの思考のプロセスのショートカット化をする若手を見かけます。

礼節についても考えることもいくつかあります。
職場では、若手社員を中心にキツイことを言うことがあるが、
「怒っている」とかしばしば言われる。感情の赴くままに「怒っている」ことなんてしてない。
周りがそのように見る行動にも私には合理的な理由が矜持ともにある。
だから私は、「怒ってはない、叱っているのだ」といっています。
でも、周りからは「分かり難い」と言われます。
「小難しい」とも言われることもあります。
しかしながら、「叱る」といのは、私の彼らに対する最大の礼儀、礼節の表現だと考えています。
若い人たちのすることを、年長の私から見たら拙く間違っていると思えることはたくさんあります。
そんな時、まあ若いので仕方ないがんばってというのは、かえって不躾だと私は思います。
でも、こんなこと続けているとなぜか彼らからの信頼を失っていくようです。
それは、何とも奇妙な世の中だと思います。

礼節を欠いた年賀状も目にしました。
手紙の出し方にしても、目上の人に対しての礼儀を欠く者もいるが、
これも黙って流してしまうのは、どうかと思います。

まあ、こういったことぐらいでしか年配者は若い人に話をする機会がないのかもしれませんね。
若い人から、何か挑んで来ることは職場ではまずありません。
彼らに摺り寄るしかないのですが、時々馬鹿らしく思えるのはこの仕事への
情熱が冷めつつあるということかな、、、などと考える一人で過ごす元日。








テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『検定試験を受けました』

フォトマスター検定3級を受験してきました。

今年6月にミラーレス一眼カメラを買って、写真を撮ることに興味が沸いてきました。
写真撮影のセミナーに参加したりしましたが、
基本的なことから、しっかり学ぼうと思いこの検定を受けました。
初心者なので、今年は3級を受験しました。

来年は2級を受けようと思います。

でも同時に撮影の腕も上げたいですね。

おわり

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『新人教育終了』

先週ようやく8日間の部内新人教育を終了しました。
終了後は、精神的に抜け殻状態でした。

若者たちをみて、毎年頭に浮かぶ言葉があります。

ジブリ映画「もののけ姫」の中で、

イノシシの乙事主さまが、

「モロ わしの一族を見ろ。みんな 小さくバカになりつつある。」

としゃべる台詞を思い出してしまう。

この人たちを”育てなきゃ!”

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『新入社員の受け入れ』

いよいよ明日、今年の新入社員が部門に配属されてきます。
教育担当として10日間、彼らを指導します。
年々、ビックリするようなことが起こりますが、はてさて今年はどうなることか?

毎年、今までで最高の研修をしようと思う反面、今までのカリキュラムを使っています。
私自身がブレークスルーしないと、彼らも”変わらない”と思います。

明日は、気合入れるぞ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター