FC2ブログ

『神様のカルテ 3』

神様のカルテ 3神様のカルテ 3
(2012/08/08)
夏川 草介

商品詳細を見る


昨晩、ちょっと夜更かしして、「神様のカルテ3」を読了しました。
既に、映画化されていますが、私は見ていません。
どうも私の中のイメージと映画の配役さんにギャップがあるので、、、。

今回の話は、主人公”栗原一止”の新たな決意へのストーリーです。
なんだか、シリーズ化しそうな感じです。

でも、”栗原一止”の細君”ハル”には癒される。

この本を購入してしばらく本棚に置きっぱなしにしていました。
私が、購入した本を直ぐに読み始めるのは、佐伯泰秀の「居眠り磐音シリーズ」ぐらいです。
たぶんこの文庫本を読む感覚は少年が週刊マンガを待ち望む感覚のようなものかな?
私自身は、マンガを読んだ経験が無いのでよくは分かりませんが。

さてストーリーですが、一止の務める病院へ新しい内科医がやってきます。
小幡奈美という才色兼備の女性内科医です。
この女医さんとの間で起こる出来事を主軸にして、
一止の心が大きく揺れ、やがて大きな決意へと変わっていきます。
そのストーリー展開の中で、おなじみの東西ナース、細君ハル、絵描きの男爵たちが、
いい味を出しています。東西ナースの意外な過去も分かったりします。

医師として最も重要なものは「良心」なのか?「医療技術」なのか?
彼の信念が揺らぎます。
誤診という言葉で一連の出来事を表現していますが、
自分の診断の甘さ、自分の技量の未熟さに打ちのめされます。
主人公 栗原一止は、医局制度を嫌いこの病院で勤務を続けていたが、
自ら新たな決意をし大学病院への勤務を決めます。

医療関係の本を読むといつも思いますが、
勤務医や看護師の仕事は、苛烈極まりない。
本当にこんな働き方で質の高い医療ができるのか?

私も仕事の中で、相手に「寄り添う」気持ちを軸にしているつもりです。
職場の人を支えることが役目ですが、その為の技量を持ち合わせているとは言えません。
人の気持ちに寄り添う”技量がなんなのかは分かりませんが、
磨かないといけない”もの”だと思います。
「気持ち」だけでは、”人の心”を支えるのは十分ではないと感じることが増えています。

おわり


テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター