FC2ブログ

『考える力がつく本 ―本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門』 著者:池上 彰

もちろんですが、この本を読んだら「考える力が」身につくわけではありません。
最近のこのソフトカバー的な本の帯には、「すぐ使える」「よくわかる」「誰でもできる」という
うたい文句が多用されています。お客さんの目を引き、本を手に取ってもらうためのキャッチコピーなのですが、
それ以上の効果が本当に言葉通りあるわけでは、ほとんどの人にとってありません。

ほとんど、自分の能力を向上させる方法や考え方を進化させる方法は、巷間すでに言われているものが多く、
知っているかどうか、知っているならやるかどうかにかかっています。
「考える力」をつけたいけど、どうしたらいいかわからないというのは、この情報過多の時代には、考えにくいように思えます。
それとも、過多ゆえに選択基準が持てないと悩んでいるということなのかな? 
それなら、少しづつ試してみればとも思ったりもしますが。

さて、本の内容ですが、
考える力を身に着けるには、どうアプローチするかがメインに書かれています。
難しいことを簡単に説明してみる。インプットが大切だから、新聞やネット情報にはどう向き合うか、
図表を活用して理解を深める方法、人から話を聞くコツ、本の選び方・読み方が、
池上さんの記者時代の経験も踏まえて紹介されています。最終章で、”リーダーたちは何を読んできたのか”と題して、
ビジネスの一線で活躍しているリーダーたちの読書観や影響を受けた本の紹介があります。
成功を成し遂げた人の人生観やビジネスの考え方にどのように影響を与えたかの話は興味深く、
またこれらの書籍を読んでみたいという気持ちが高まってきてしまいました。

「考える力」とは何なのかという本質的なことについて、次のように書いています。
そもそも考えるとは、自分の中にある情報(インプット)をもとに、自分なりの結論(アウトプット)を導き出す作業です。
質の高いアウトプットをするためには、まずはインプットが重要なのです。

このインプットを増やす代表が、「読書」ということになります。
本お読み方・選び方につても書かれています。しかし、そんななかで、「ハッ」とさせられる一文がありました。
ドイツの哲学者ショーペンハウエルの『読書について』に書かれている内容が紹介されています。
「読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。
習字の練習をする生徒が、先生の鉛筆書きの線をペンでたどり様なものである。
だから読書の際には、ものを考える苦労はほとんどない。自分で思案する仕事をやめて読書に移る時、
ほっとした気持ちになるのも、そのためである。
だが読書にいそしむ限り、実は我々の頭は他人の思想の運動場に過ぎない。」
これは、読書家に人にとって、足元をすくわれるような辛辣な意見です。
かれは哲学者ゆえにこのような発言ができると思いますが、アウトプットを伴わない、
読書のようなインプットだけでは、十分考えることが自分の頭の中でできていない。
それのみでは「考える力」の向上に有機的にむずびつかないということですね。
そうです「アウトプット」するという行為までつながって考えることであり、
その循環を繰り返すことで「考える力」が強化されることにあります。

このような、読後の感想をまとめたり、読書会と称して、
過去に自分が読んだ本を誰かに紹介するのもいいことかなと思います。
もちろんそこに書かれている考え方を自分が実践して気づきを得ていくことができれば素晴らしいことですね。
最も難しいアウトプットですね。

そしてもう一つ、「考える力」の重要な基本的要素である「わかる」とは、どういうことかについて、
元京大総長の長尾真氏の著作”「わかる」とは何か”という著書から次のような説明を引用されています。
「話題になっていることに関連した知識はほとんど持っている、しかしその話題がその知識によって解釈できない、
という状態にあって、そこで何かのヒントを得た結果、持っている知識によって、
その話題が完全に解釈できるということが分かった時、「わかった!」ということになる。
(中略)「わかった」というのは、知識を得たのではなく、自分思っている知識によって、
ある状況が理解できたという場合である。

まとめると、「わかる」とは、自分がこれまでもっているバラバラの知識がひとつの理論の下にまとまった時です。

業界著名人との対話で、自分の考えに影響を与えた書籍が紹介されて、
各リーダーたちのRECOMEND書籍もあり、読んでみたいという気持ちが高まってきました。
ファーストリテーリング会長”柳井 正”
・イノベーションと企業家精神
・ホンダジェット
・少しだけ、無理して生きる(城山三郎)

ドン・キホーテ会長”安田 隆夫”
・ビジョナリーカンパニー
・掏摸(中村文則)
・生命40億年全史
中村文則の掏摸がリコメンドされているとは思いませんでした。
私も好きな作家なので、共感できました。

富士フィルムフォールディングス会長”古森 重隆”
・ツァラトストラかく語りき
・日本の知恵 ヨーロッパの知恵
・ジャン・クリストフ

日立製作所元相談役 川村 隆
・「アクション・バイアス」
最近の経営書で、どの会社にも働くエネルギーの高い、いわゆる「いい子ちゃん」はたくさんいるらしいです。
この人たちは髪を振り乱して一所懸命仕事をしています。でも、実際に意味のある行動をとれているとは限らない。
そういう人が全体の4割だそうです。次に働くエネルギーが低く、行動を先延ばしにするタイプが3割くらい。
両者を足すと、7割になります。あとは言われたことはやるけど、それだけという人が2割。本当に自ら目的をつくって、
意味のある行動ができる人は、1割しかいないということです。
・「カラマーゾフの兄弟」
人間がいかに複雑なものかを描いた物語。他の経営者からも紹介されています。
・「ラッセル幸福論」
自分の関心を内へ内へと向けるのではなく、外界へと向けて、
あらゆることに好奇心を抱くことが幸福獲得の条件だと語っている。

星野リゾート代表 星野 佳路
・1分間エンパワーメント
・吹けば飛ぶよな日本経済
・幸福に死ぬための哲学(池田昌子)

レノバ会長 千本倖生
・カラマーゾフの兄弟
・峠(司馬遼太郎)
・蝉しぐれ(藤沢周平)

マックス証券会長 松本 大
・スリランカの赤い雨
・風と光と二十の私と・いずこへ
・エレンディラ

ライフネット生命保険会長 出口 治明
・クリミア戦争
・バドリアヌス帝の回想
・邪宗門
スポンサーサイト



『情報を活かす力』



池上さんのNHK記者時代から続けている、情報活用する手法を紹介しています。
俯瞰性とかにかなり重要性があると感じました。
デジタル的手法とアナログ的手法(新聞記事のスクラップ等)をそれぞれ、柔軟に使っています。
補完しているといえるかもしれません。
しかし、原点は、問題意識の幅と深さだと思います。
情報活用テクニックをいくら公開して頂いても、自分が関心(問題意識)がないことに関しては、
どんなクリティカルが情報でも素通りしてしてしまいます。
何に問題意識を持つか?
社会全体の動き、政治、エネルギー、教育、文学、スポーツ、領域を分ければ、きりがないですが、
これもあまり絞り込まないほうが、いいのでしょう。

(2016年54冊目)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『世界を動かす巨人たち (政治家編)』



2016年、32冊目です。

池上さんの「知らないと恥をかく」シリーズからスピンアウトした作品だと思います。
これは政治家編だから、世界に影響を与えた政治家(という視点)は、まだまだたくさんいるから、
これもシリーズしていく気が満々だと思いますが、それは出版社や編集者の思惑なのでしょうね。
ちなみに、日本の政治家が入る予定はあるのかな?
政治家編の次は、科学者、思想家、哲学者とかかな。
あと歴史上の人物を加えると膨大な対象者になりそうです。
でも、これだけの内容(情報)を書き上げるには、池上さんひとりでは限度があるから、
スタッフが調査や資料収集をサポートしているんだろうなと想像します。
本題の「世界を動かす」ですが、彼らが動かしたのは、
世界という国家の集合ですが、本質的に彼らが「動かしているのは、人の心」なのかなと感じました。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『知らないと恥をかく世界の大問題6』


2015年の32冊目です。

相変わらずの分かりやすさで、
最近の時事問題が解説されています。
中国の野望、中東イスラム圏の混乱、ロシアの孤立、アメリカの矛盾、、、。
世界は、高邁な理想への道のりを歩んでいるのか?
欲望と怨嗟と疑心をやりくりをしているのが現実なのか?
ふと、そんな気持ちになってしまいます。

おわり

『いま、君たちに一番伝えたいこと』



2015年の27冊目です。

東工大のリベラルアーツセンターの教授を務める著者が、学内で行った授業内容を中心に1冊にまとめた本です。

相変わらずの分かりやすさです。
まさに大人の「一般教養」を身に着ける本ですね。
こういった国内外の種々の問題を偏重していない視点で解説してくれる本は、
以前は皆無で、個々の事案に対する情報を概ね自分で繋ぎあわせる必要がありました。
いい意味で、これらを効率的に誰にでも平易にできるように情報が整理されて提供されています。

何故、リベラルアーツが必要なのかを、私自身も正確に言い表せませんが、
「多様性」とか「新しい価値」とか「新しい考え」とか、、そんなものに繋がっていると思います。
決して、博学を競うものではないでしょうから、その価値は、自分で見つけるしかないでしょう。
私が一番強く感じるのは「可能性の拡大」だと思います。

一方で、自分で個々の情報を結び付け考えを紡ぐ力が必要なくなるので、
概念構成する力の低下が懸念されます。
杞憂かもしれません。
こういった本さえも全く読まない、若者よりはまだましなのかもしれません。
私も含めて、池上彰の本を読んで世の中のことを知ったような気になるのも慎むべきですね、

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター