FC2ブログ

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)
(2011/03/18)
山竹 伸二

商品詳細を見る

2014年の68冊目です。

私にも、顕在化、潜在化した承認欲求があります。
承認欲求は、ここ数年来の自分のテーマでした。そんな時、リサイクルBook店の新書コーナで見つけた本です。
本の前半では、人間の承認欲求について解説されていますが、「これは、自分の事を分析して書かれている」と思うほど、
合点のいくものでした。

第1章「認められたい」の暴走の中に次の一節があります。
「他者の承認は自分の存在価値に関わる、最も人間的な欲望であり、長期にわたってそれなしに生きていける人間は
ほとんどいないだろう」 それって私のことですと言いたくなるような文章ですね。
ところで、承認を与える他者とは誰か?本書では、他者を自分との関係性から3つに分けています。
「親和的他者」「集団的他者」「一般的他者」だそうです。
「親和的他者」とは、家族・恋人・親しい友人など、愛情と信頼の関係にある他者のこと。
ありのままの自分を受け入れてくれる他者でもあります。
「集団的他者」とは、所属する組織・会社などで、共有するルールや価値観に見合う行動をすることで、
認めてくれる他者です。
「一般的他者」とは、会ったことも無いネット上の知り合いやほとんど知らない人達であり、世間とか社会一般といえる。
自らの行動が、社会全般に渡って認められる価値に見合うかどうかが認められるかの基準になります。
現代は、誰もが「認められたい」という欲望を抱く以上、そこには大勢の人間が共通して了解し得る意味(本質)が
あるはずだというのが、著者の論の中核に置かれています。すなわち自己了解と「一般的他者の視点」による内省が
できれば、親和的承認や集団的他者承認に執着せず、「見知らぬ他者」の承認(存在承認の本質)を確信することで、
また自分の意志で行為を選択することで、自由と承認の両方を切り開くことができると述べている。

私の場合、「親和的承認」を「集団的他者」の中にも得たいという部分があるように思える。
また、現代において、「集団」に共通する価値観自体が不明確になりつつあるため、
どういった行為に価値があるのかを見定めることも難しくなっている。
人事考課とか賃金などがその行為の価値を測り評価を反映したものだったが、
昨今の私の所属する組織ではそのような傾向は極めて希薄になっている。
ここでの承認を得ずして、一般的他者の承認へシフトしていくことには同意しづらい。
価値観やルールが変動する中で「集団的他者の承認」をどう確実に得ていくかという課題について、
改めて考えて見たいと感じました。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター