FC2ブログ

『女性たちの貧困』


2015年の18冊目です。

「女性たちの貧困 “新たな連鎖"の衝撃」
これは、NHK クローズアップ現代で、取り上げられてテーマについて、取材した内容をまとめたものです。
以前番組を見たことがあり、改めて読んでみてその記憶が蘇りました。
女性たちの貧困は、パートナーである男性を何らかの理由で失ったことに起因することが多いように思えます。
離婚等によるシングルマザーが、貧困に陥るケースが紹介されていました。

一方で、彼女たちのセーフティーネットが風俗産業という実態も驚きでした。
仕事をするために、公的支援を使って子供を預けるためには多くの手続きを経なければできないし、
必ずしもうまくいくとは限らないとのことでした。
それに対して、風俗産業(全てではないでしょうが)では、勤める契約と同時に、
住む場所の提供と子供を預かってくれることまでしてくれるそうです。
貧困を脱するために必要な条件を一度に満たしてくれるということです。
社会保障、社会制度の歪?といっていいのかどうか?少々、心配な状況です。

女性たちの貧困問題は、かなり心に重く響いてきました。
しかしそれは、この問題の解決の光明が見当たらないということから来ているように思います。
紹介例で、コンビニのアルバイトをしている女性が出てきます。
良く利用するコンビニで働いている若い女性もそうなのだろうか?
そう考えると、身近な事として捉えなおせるかもしれない。
私は、自分の職場で働いている若手女性社員が、男性社員と同様に仕事をし、
責任を持ち昇級して独立して生きていける為の「機会=場」を提供し続けるしかないと改めて思いました。

おわり
プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター