FC2ブログ

『答えは必ずある』


2015年の22冊目です。

マツダ株式会社常務執行役員の人見光男さんの書かれた本です。

先行技術開発が長く、提案した技術が、商品化を担当するエンジニア達から受け入れてもらえないという経験を、
何度もされています。私も新入の頃に在籍した先行技術開発チームで、担当技術を取りあってもらえなかった経験があります。人見さんは、何度もそれを経験されていながら、「技術を開発」することを”諦める”ということが無かった。
その粘り強さが会社を救うエンジン技術の実現に繋がったと感じました。
またもう一つ、”ヘッドピン”と名付ける複数の問題に共通する課題を見つけて、それを解決していく仕事進め方が、
様々なリソースの少ないマツダ流の「選択と集中」という考え方が、仕事を成功へと導いたと強く感じました。

感謝の気持ちを込めて本書中に揚げられた社員の中に、
研究室の一年先輩と一年後輩の名前があり嬉しかった。

おわり
プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター