FC2ブログ

『騙されてたまるか 調査報道の裏側』



マスメディア、警察などの情報を鵜呑みにしてしまうことの恐ろしさが書かれている。
要は、自分に入ってくる情報を自分でしっかり納得してあるいは正しく客観的にみて、
判断することが大切だと論じています。
足利事件や日系ブラジル人の殺人後の母国への逃亡、桶川ストーカー殺人事件などが取り上げられています。
著者のすごい執念を感じるとともに、公的権力を持つ立場の人間のいい加減さや建前主義を感じます。
人は立場に胡坐をかき、楽をしてしまうため、「調査」という手間のかかるプロセスを排除してしまう。
これに歯止めをかけるのは、一人一人の正義感や良心によるしかないのかと嘆息してしまう。
こういった書籍の読者を通して一人でも多くの良識ある人間を増やせればいいということなのかもしれない。

(2016年、50冊目)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター