FC2ブログ

『チーズはどこへ消えた?』

チーズはどこへ消えた?
 (2000/11) 
 スペンサー ジョンソン


== 読了日 2012年4月2日 ==

有名な自己啓発本の一つということで、手にしてみました。
新たなチーズを探す行為を通して、
自分を変えていく考え方を教えていくというもの。

2人の小人と2匹のネズミが登場し、それぞれキャラクターを持っています。
数ページ事に、彼らの”気づき”が書いてあります。

その中から、気に入ったものを紹介します。

「変わらなければ破滅することになる」
このことに、いつ気づくかだと思います。
もうギリギリで気がつけるか、手遅れになって初めて気づくか?
こういった自己啓発本も、それを気づかせるきっかけになると思います。
この手の本を”当たり前”過ぎて、毛嫌いする人もいますが、

書かれていることを目で追い、頭に入れて、初めてそこから
次の行動へ繋がるきっかけが、自分の中に発生すると思います。
何の刺激も与えず、この核心に気づける人は、いないと思います。

読んで、きっかけにならなければ、その時はまだ、機が熟してなかったと思えばいいのでは。

「もし恐怖がなかったら、何をするだろう?」
これは、自分が本当にするべきことがなにかを考えるときに、
必要な問いかけだと思います。”正しいこと”はなんなのか?は、恐怖の下では判断できないと思います。
”暴力の恐怖”、”無視の恐怖”、”食べれない恐怖”、”所属しない恐怖”、”繋がってない恐怖”、、、、
人間生活の半分以上は、この何らかの恐怖に支配されているように感じます。
この2つのフレーズが、心に残こりました。


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター