FC2ブログ

『非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30』

非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30
(2012/03/13)
清水 克衛

商品詳細を見る

2014年の14冊目です。
書かれていることは、私自身は全く”非常識”とは感じませんでした。
本のソムリエとして有名な清水 克衛さんの著作です。
著者と私は同年代ですが、こんな”当たり前で素敵な事”を、世の中に発し続け、実践して
生きていることに、驚嘆しています。

私ぐらいの年齢になれば、この世の理非曲直をわきまえた言動を第一を考えますが、
著者は、”情けは人の為ならず”といって、人の為に何ができるか?読書を通して、
本を通して人に何ができるか?自分ができることは、おせっかいでもしていこうとしています。
いつもながら、素敵な言葉をたくさん心に仕入れることができた良書だったと思います。
いくつか共感できた言葉を書いておきます。
「あなたをよくするために、私はもっとよくなる」自分の努力を続ける人に。
「君看よや双眼の色 語らざれば憂いなきに似たり」人の中にある憂いを見通せる憂いを秘めた人間に。

本を読もう。ベストセラー本でない良書と偶然出会えることを楽しみとして!

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

しあわせ読書のすすめ ~本のソムリエが教える悩んだときに読んでほしい53冊~

しあわせ読書のすすめ ~本のソムリエが教える悩んだときに読んでほしい53冊~  しあわせ読書のすすめ ~本のソムリエが教える悩んだときに読んでほしい53冊~
  (2010/09/01)
  清水 克衛

  商品詳細を見る


==読了日 2012年3月1日==

いつも行く書店のカウンターで、「若い人に贈る読書のすすめ2011」という小さなパンフレットを手にしました。
その中で紹介されていた本の一冊が、
この「しあわせ読書のすすめ ~本のソムリエが教える悩んだときに読んでほしい53冊~」でした。
いろんな女性が抱える悩みを解決に導く本が紹介してあるということでした。
私の職場にも、一生懸命に、悩みながらも頑張っている女性社員達が居ます。
この本の紹介文を読んだ瞬間、彼女たちにことが頭に思い浮かびました。
何かの機会に、支えになるような本が紹介されているかもしれないと思い、読んでみました。
実際読んでみると、自分自身の琴線にも触れる本が何冊か目につき、実際に購入して読んでみました。

実際に購入して読んだ本
●「福に「憑」かれた男」
人の成長は、人との出会いを如何に活かすか。
福の神に憑かれる3つの条件は、なかなかできる人はいないが、かりにできれば、福の神が居なくても、幸せになれる。

●「営業の魔法」
新人営業マンが、他社のベテラン営業マンから、営業の心得を伝授され、成長していくもの。
大切なことがよくまとめられて書かれている。営業だけでなく、その他の対人折衝業務でも、活用できる内容だと思います。

●「小さい”っ”が消えた日」
ひらがなの小さい”っ”が、言葉の世界で、自分は発音されない役に立たない存在だと感じいなくなる。
でも、小さい”っ”がないと言葉の意味が変わってしまい、皆がその大切さを認識するというもの。
自分の役割が、必ずあることに気づかされる話。

●「”かも”の法則」
できない”かも”という否定的な”カモ”を頭の中で飛ばすのではなく、
できる”かも”という肯定的な”カモ”を飛ばすことで、前に進んでいく力が得れるという話。

●「やさしいって、どういうこと」
やさしいか、やさしくないかは、「相手が私の好む態度をとったかどうか」で決まる。
という定義は、我々の日常で使っているやさしいを的確に定義していると思いました。


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター