FC2ブログ

『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)   デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
   (2010/06/10)
   藻谷 浩介

   商品詳細を見る


数年前に話題になった本ですが、ようやく読んでみました。
「現役世代の減少」と「高齢者の激増」という「人口の波」が、
マクロ経済で景気を語ることができなっている原因だということの様でした。

今世の中は、「アベノミックス」といわれデフレ経済脱却のために、
インフレターゲットを決めて、日銀が市場へのおカネの供給をバンバン増やすことを目指しています。

この本の著者のロジックとは違うのだろうと思います。
消費する対象年齢の人口が少ない。また彼らにお金がないというのが論旨だと思います。

ただ部分的には、富裕層の生前贈与を増やすことが書かれていたことが、
祖父母から孫への教育資金贈与を非課税とする政府案と合致するのかなと思いました。
(浅学なので自信ありません。)

産業を担う労働人口の減少という問題に関する提案として
「女性の就労と経営参加を当たり前に」するとあります。
これには、とても共感できます。
教育水準も高く、男性と同じ教育をうけて仕事につき、
キャリアを積んだ女性を、継続的に仕事ができるような社会/企業風土・環境が重要だと思います。

私の職場でも数年前から女性社員が増えてきました。
どうしても出産育児で職場を離れることは避けれませんが、
入社して積み上げてきたスキルやノウハウを捨ててしまうのは、お互いにもったいないことです。
絶対に継続して仕事をしてもらうべきだと思っています。

はてさて、デフレは本当に克服できるのか、数年後にこの本に書いてあった施策が
現実化しているか、検証してみたいですね。

おわり



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター