FC2ブログ

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
(2012/07/04)
マーティン・ファクラー

商品詳細を見る


ニューヨークタイムズ東京支局長である著者から見た日本の新聞ジャーナリズムの問題を指摘した内容です。

3.11東日本大震災における取材事例などから、日本の新聞が「本当のこと」を伝えていないと指摘しています。
震災記事以外の事例も含めて、著者のいう「本当のこと」とは、「核心」「本質」といったものに近く、
私たちが「気づくべき何か」のことだと受け止めました。

日本の新聞報道の最大の問題点として指摘されているのが「記者クラブ」制度です。
この制度の為、ニュースソース側(”官”)と取材者の距離が近くなり、
適切な監視や批判ができなくなっていると言っています。

この本の中には、日本の新聞報道などでは伝わっていない震災現場でのなまなましい現実が、
紹介されています。(多くは、ニューヨークタイムズなどに記事となっている)
避難先で動けなくなったお年寄りを乗り越え、肘鉄を食らわして、上階に逃げていく若者。
胸まで海水に浸かりながらお年よりや赤ちゃんをバケツリレーのようにして救出若者のそれぞれが
そこには存在していた。ともすると一面だけを知って、全てだと勘違いすることがありますが、
自分の耳目に届かないことが、実はたくさんあるということを再認識しました。

日本の新聞ジャーナリズムによって、「本当のこと」を伝えられてない我々は、
ハリウッド映画「マトリックス」に出てくる液体の中で培養されている人間のような感じがしました。

これからは、新聞に書かれていることを一面的に受け取り、自分の認識にすりかえるのは、
やめたいと思います。どこに「核心」があるかは、見つけきれないまでも、
「これって、どうしてこういう報道の仕方なのか?」
「何故、批判記事を各新聞社が書かないのあか?」といった、
違う視点で、報道内容を見ていくように視点を変えていきたいと思いました。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター