FC2ブログ

『夜と霧』 新版

夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


1年ほど前、いつも行く本屋の店頭に平積みされていました。
「夜と霧」の内容は、様々なところで取り上げられているので、なんとなくは知っていました。
また、時々出向く自己啓発関連のセミナーでも取り上げられることがありました。
「自分がなすべきことがある人」は成長できるという話と結びつくのですが、、、、。

本書は、心理学者としての著者の冷静な考察が、収容所生活での人々の精神と行動についてなされたものです。
非人間的な行為を明らかにし、ナチスを非難したり人間の非情さを訴えた内容ではありませんでした。
旧版の霜山 徳爾訳には、史実や当時の写真なども十分なページを取って掲載されています。
旧版の方がかなり心に重たく響いてくる本だと思います。
新版は写真や歴史的史実を省いて、著者による収容所生活での人間観察と考察が書かれています。

この本を読んで一番驚嘆したことは、
著者であるヴィクトール・E・フランクルの冷静で深い洞察力です。
容易に自分自身を心身を失ってしまいかねない状況にあって、客観的な観察ができているのは、
彼のそれまでの心理学者としてのキャリアのおかげでり、
研究者としての視点を持ち続けたことが、彼自身を助けた結果になったのだと思います。

本の中で様々な人間の感情に対する考察がなされています。
自分の尊厳を失わず生きて帰れた人には、
愛する人が待っていることを実感できた人、
人生が自分に何かをなすことを要求していることを知っていた人だったというのは、
究極の哲学的価値観です。

しかし、私たち凡人がこの究極的価値観を日常生活の中から見出すことには難しさを感じます。

それだから、しばしば自己啓発セミナーに行くと、
このヴィクトール・E・フランクルの話しが紹介されるのだと思います。

私たちは、苛烈な収容所生活のような状況下に自分自身を追い込むことはできません。

知識として人間が尊厳を失わず生きるために必要なことを知ることができますが、
現代社会においてこのことに、如何に気づき腹に落とし込んだ生き方ができるかが、
私たちが背負った課題だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター