FC2ブログ

『7日間で突然頭がよくなる本』

7日間で突然頭がよくなる本   7日間で突然頭がよくなる本
   (2012/12/15)
   小川 仁志

   商品詳細を見る


この年になっても、頭がよくなりたいと考えているものだから、
ついこういうタイトルの本にてが伸びてしまう。

当然突然頭は良くなったりはしてませんが、、、。

哲学で使われる代表的な10個の思考方法を駆使して物事を考えてみてはというもの。

著者は頭のよい人とは、
「物事の本質を掴める人」
「相手の言葉の意味をしっかりとつかんで、応答する。それができる人」と言っています。
この定義には共感できます。
この物事の本質をつかむ方法として哲学の思考方法を活用しようという提案です。

10個の思考方法をいかに、状況に応じて繰り出し、
捉えた本質を、普遍的な表現で抽象化できるかだと言っています。

個人的には、10(これ以外もたくさんに思考方法が紹介されています)の思考方法を使うという点について、
少々ホットした感じがしています。
ともすると本質をつかむ方法は一義的に決まっているという感じがしてしまうのですが、
事象に対する思考の方法はいくつかあるので、それを状況に適用していけばいいと感じました。

論理パターンベスト10は以下です。
1)カテゴリー:種類ごとにグループで分ける
2)主観と客観:主体と客体で区分する
3)時間と空間:時間軸と空間軸に位置付ける
4)イデア:物事の正体を見抜く
5)運動として捉える:動いている途中としてみる
6)弁証法:マイナス要素をプラスに転じる
7)差異として捉える(否定弁証法):差異を重視する
8)構造主義:構造の中で捉える
9)因果関係:原因と結果の関係としてみる
10)人間にとっての意味:人間の存在を前提に考える

私は普段どの思考方法を使っているのかな?と考えてみると、
カテゴリーとか構造主義ぐらいは使っているかなと思います。

しかし、ほんとうに頭がよくなるためには、これらの思考方法を臨機応変に使えるレベルになるには、
この本をざっと読んだだけでは無理ですね。
定着するまで、さらなる学習と実践がいると思いました。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター