FC2ブログ

『久しぶりの読書会』

『久しぶりの読書会』

ここ2ヶ月、皆の都合が合わず開催してませんでしたが、
今日は3人が集まりました。
ほとんどは、若い2人の仕事ぶりを聞かせてもらいました。
2ヶ月も合わないと、なんだか成長した感じがします。
「男子三日会わざれば刮目して見よ」とは、こんな感じの時に使うのかなと思ったりしました。


読んだ本の紹介
1.「指さし中国語」
 本に書いてある中国語のフレーズを指で差して相手とコミュニケーションする旅本みたいなやつ。 
 紹介者の彼は、ここのところ中国出張が続いているからね。

2.「年収300万円時代を生き抜く経済学」著者:森永卓郎
  「理系白書」:毎日新聞科学環境部
   Amazonのサイトによれば、
   日本の驚異的な経済成長は、理系の科学者・技術者によって支えられてきた。
   にもかかわらず、理系人の待遇はそれにふさわしいものとは言えない。
   本書は、産・学への取材や種々の統計を通じて、理系人の実態を明らかにしようとしたもの。

3.「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか」著者:森博嗣
   幅広い視点で本質的なことを考えるには”抽象的”に考えるというアプローチが書かれている。
   普段の仕事では、具体的にとやかましく言われているが、価値観を伴う事の本質を考えるときは、
   抽象化するアプローチも必要だと思います。

来年も、”読書会?情報交換会?”続けましょう。

おわり

テーマ : 読書
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター