FC2ブログ

完璧な病室 (中公文庫)

完璧な病室 (中公文庫)完璧な病室 (中公文庫)
(2004/11)
小川 洋子

商品詳細を見る

2014年の53冊目です。
小川洋子の2004年に出版された短編文庫本です。
収められている作品は、それ以前に出版されたものです。
「完璧な病室」(1989年)芥川賞候補
「揚羽蝶が壊れる時」(1988年)海燕新人文学賞
「冷めない紅茶」(1990年)芥川賞候補、野間文芸新人賞候補
「ダイヴィング・プール」(1989年)芥川賞候補
4つの短編は、デビュー作品の「揚羽蝶が壊れる時」を含め初期の作品で、彼女の作風を確立した作品集です。
私なりの書評を書いてみました。
透明感が強く汚れたものが排除された静謐な空間に対する強い欲求を感じます。
「完璧な病室」は、不治の病で入院した弟を姉が看病する話ですが、姉にとって弟の病室で過ごす清潔で
汚れの無い時間が掛けがえのないものになっていきます。
「揚羽蝶が壊れる時」は、母親が死んで祖母に育てられた私が、老いて壊れてしまった祖母を介護施設に
預ける時の私の心を精密にかつ俯瞰しながら表現しています。
「冷めない紅茶」は、中学校時代の同級生が、その当時図書室で働いていた司書の女性と結婚していた。
その夫婦と自分との関係性の中で司書の女性の奇妙な存在感が気になる作品です。
「ダイヴィング・プール」は、孤児院を営む両親と主人公の女子学生と多くの孤児たちの暮らしをベースに
書かれています。孤児の一人である純は、飛び込みの選手。主人公の彼女は彼の飛び込みをプールサイド
で見つめている時、恍惚感にも似た気持ちに包まれる。彼女の心には、同時に残虐性がうごめいている。
10代の少女の心に垣間見える無垢な残虐性とは異なるもので、恍惚感の増大を抑止するかのように息づいています。

おわり
スポンサーサイト



プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター