FC2ブログ

心霊探偵八雲 (9) 救いの魂

心霊探偵八雲 (9) 救いの魂 (角川文庫)心霊探偵八雲 (9) 救いの魂 (角川文庫)
(2014/12/25)
神永 学

商品詳細を見る

2015年の8冊目です。
このシリーズもついに9作目。50過ぎのオジサンが楽しみに読んでいるのは、ちょっとどうかと思いますが。
主人公:斎藤八雲の赤い左目は、死者の魂が見えるという設定が、気持ちを惹きつけます。
彼が、「魂は見えるが救うことはできない」という絶望感が、周りの人の愛情に抱かれながら変質していきます。
毎回楽しみにしているのは、八雲に恋心を抱く晴香の心の揺らぎと決意です。
ただ泣いてばかりだった女の子が、彼を守りたいと思うことで少しずつ変わって行きます。
物語は、こう伝えていると思います。
「希望を抱くことは、叶うことを奪われた人間に絶望を与える」と、暗闇から囁く声に耳を貸さないことだ。
耳を塞いでいないと、その言葉は、心地よい諦念と聞き違えてしまいそうです。

おわり
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター