FC2ブログ

本を読む人だけが手にするもの


情報処理能力ではなく、情報編集能力を必要とされる時代である。
この情報編集力は、唯一の正解があるわけではない問いに対し、”納得解”を、
導き出せる能力ということです。20世紀の成長社会から、
21世紀は成熟社会へ移行していくため、納得解を導き出せる「ジグソーパズル型」から「レゴブロック型」
の人間が求められていると著者は述べています。

この本を手にして、「読書って、価値があるんだな。よし、本読もう!」という
気持ちになる方もいらっしゃると思います。それが、この本の狙いとするところ
だろうとは思います。しかしながら視点を変えてみれば、読書家の読書家のための
エンカレッジ本(読書家を勇気づけ、そうそう、本読むって、素晴らしいことだね)
のような気がします。読書家が、この本を読むと、ほんとに心地よくなります。
多様な分野の本を読むことで、考え方に幅が出てきて、質の高い思考と判断が
できるようになることは、今さら論を待つところでもないと思います。
ただ、小説は、その作家の価値観や世界観が反映されているので、
どうしても好きな作家の作品に偏ってしまいます。それは、仕方ないですね。

本書で紹介されている数々の書籍が気になって、読んでみたくなってきます。
『ピーターの法則』『天才』『オールド・テロリスト』『手紙屋』『脳と創造性』

終わり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター