FC2ブログ

『土の中の子供』



虐待の末、埋め殺される経験を持つ「私」の話。
内容の重大さに比べて、文庫本の帯に巻かれている
「この本はヤバすぎる!」という言葉は、あまりに稚拙に感じる
「ヤバイ」という言葉の持つ意味の時の流れに伴う変化は、
それなりに知っているつもりですが、、、、。
文学的に素晴らしいとか、考えさせられるとか、
人間の内省的な面を抉り出しているとか、そういった評価を表現しているのか?
ちょっと「ヤバイ」では、内容と不釣り合いな言葉だと感じました。
短絡的に、危険だとか、重たいとかといった意味かな?
それとも、今様だと解釈すると「すごい」「素晴らしい」ということかな?
やはり、どちらも当てはまっていない気がする。

私がこの文庫本の帯を考える担当者ならなんとつけるだろうか?
「暗然たる再生」「黒の中の恐怖」とかかな?いい言葉思いつかなけど、
”ヤバい”とか”すごい”という質の言葉では、捉えられない深層的で輻輳した心情が
描かれている。
暴力、虐待、孤児、犯罪、恐怖、SEX、死、殺人、狂気、不条理、これらの非日常世界の感覚の中で、
人が何を感じ、どう考え、己を認識するのか?
それは、真実の自分か?本質的なものなのか?

人の心の深部を抉り取るような文章は、他の作家ではあまり読むことがありません。
過激な描写という点では、村上龍の小説に似ている感覚も受けますが、
自らも知らない深部に入り込む感じは、やはり中村文則氏独特だと思います。
救われた感覚は得られないし、すっきり感も全くない、
どちらかといえば暗らく辛い内容です。
私たちの普段の生活で、心の深部に切り込んで考えるような体験をすることはありません。
身近な人の予期せぬ死とか病気、大きな喪失を味わった時など
いずれも非日常に身を置くときに心に割れ目が入って、
深部にあるものが覗き見れるような気がします。
普段の暮らしの中で出くわす些細なことに一つ一つ丁寧に向かい合うことが、
凡人にできる精一杯のことのような気もします。

おわり

私たちは本質とは、そこにあるのか?

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター