FC2ブログ

『6月に読んだ本は、7冊だけ』

6月に読んだ本は、7冊だけでした。
今月は、秘書検定の受験勉強もあり、しっかり本を読む時間が取れませんでした。
残業もあったし、FaceBookのフォローやブログ更新等々、
読書時間を自分で減らしてしまっているようです。


1.『はじめて語られる企画の「虎の巻」』著者: 増田 宗昭
   TSUTAYAのT-Point Cardなどを企画した会社の社長さんの本です。
   紙と鉛筆をいつももってアイデイアを描き、人に説明するスタイルは、共感できます。

2.『利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵 』著者: 大山泰弘
   障害者雇用を進めている日本理化学工業の会長さんが、
   障害者雇用から得た多くの気付きを紹介されています。良書だと思います。

3.『姫椿』 著者:浅田 次郎
   人生の窮地に立ち、命を捨てる道しか見えなかった男の前に訪れる、懐かしい過去が、
   心を、生きる方向へ導く表題作「姫椿」

4.『他人事』著者: 平山 夢明
   ミステリー、推理小説と紹介されていますが、収録されている14の短編は、ホラーといった感じです。
   さらにいえば、誰も救われない結末が待っています。
   非日常の現実に目を向けるのもたまには、いいかな。

5.『救命センターからの手紙 ドクター・ファイルから』 著者: 浜辺 祐一
   カッコイイ救命救急活動が描かれているわけではありません。生死の境で揺れる人間の心を
   中心に、人間の”死生観”を問うてる感じがします。

6.『ソーシャルデザイン』 著者:(アイデアインク)
   社会の様々な問題を”アイデイア”工夫で、解決していく内容が紹介されています。
   スピード監視カメラで、制限速度を守って走ったドライバーを検知し、宝くじを贈る仕組みなど、、

7.『置かれた場所で咲きなさい』 著者: 渡辺 和子
   著者の生立ちや生き様が、数々の素晴らしい言葉に、説得力を持たせています。
   良書の一つだと思います。

   

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『6月に読んだ本は、7冊だけ』】

6月に読んだ本は、7冊だけでした。今月は、秘書検定の受験勉強もあり、しっかり本を読む時間が取れませんでした。残業もあったし、FaceBookのフォローやブログ更新等々、読書時間を自

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター