FC2ブログ

『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門    読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
    (2012/07/27)
    佐藤 優

    商品詳細を見る

まず、この方の読書量にビックリです。
平均350冊、多い月には500冊、、、。
常人では考えられない量です。
私たちの読書の方法とは、全く違った”読書の技法”を駆使されていると分かります。

私は、この方のように文章を書いたり、講演をしたりするわけでわないですが、
何か参考になる読み方のテクニックがあれば吸収したいと思って読んでみました。

巷にある”速読”技法は、基本的にありませんでした。
2行読みとか、名詞読みとか、目を早く動かすとか、速聴スキルを鍛えるなどというものは出てきません。

読書に対する基本的姿勢が私たちを大きく異なります。

時間は有限であり希少財である」が大原則にあり、
速読はあくまで熟読する本を精査するための手段に過ぎない。
読まなくてもいい本を見分けるために”速読”をするという考え方です。

私たちは、多くの本の内容をすべて100%理解したいと思うし、
それを時間を掛けずに実行し、さらに多くの知識を得ようと考えます。

著者は、熟読すべき本はきちんと時間を掛け、自分の知識にするために読書ノートを作っている。
確かに、こういった手法を使って熟読するためには、
関係の薄いもの内容の薄いもの興味の薄いものは、
時間を掛けずに読むことが必要になってくるだろう。

紹介されている技法

「超速読の技法」
一冊5分で読むという時間的制約を設けて読む。
この本が、自分にとって有益かどうかを見極める。
最初と最後のページだけ読み、あとはページをめくるだけ。
ビジネス書で強調箇所が太字やゴシック体で書かれている本は、その文字だけを追っていけばいい。
(太字の部分にさらにマーキングするのは、非効率極まりないということかもしれませんね。)

「普通の速読技法」
速読する場合には、必要とする情報について明確な目的意識が必要だ。
定規を当てながら1ページ15秒で読む。定規を当てる方がスピードが上がる。
(これは、さっそく大きめのしおりを使って実践しています。)

速読にしても熟読にしても、読書のために必要な”基礎知識”を保有しておくことの重要性も説いている。
その最適なものとして高校の教科書を上げている。

確かに、知識が全くないのに”本”を読むのは、辛い作業になってしまいますね。
それで、読書が嫌になってしまうのかもしれませんね。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は「成人の日」ということで、新成人にお薦め本として、@yonda4 4492044698[読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門]

新成人の皆さん、おめでとうございます。 この社説の途中の部分はさておき、 「若者自身にも日本の次代を担っていこうとする自覚を促したい。」 「現状に不満を並べるだけでは若者ら...

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター