『家族という病』


2015年の37冊目です。

「家族」を美化しすぎる日本の慣習を、かなり厳しく否定されています。
家族といえども、「個」は異なり、価値観も異なる。
そういった視点で「家族」を見れば、素晴らしいチームとは言えなくなる。
そのことを改めて、著作という形にされているが、誰の心にも(潜在的)、
そういった「相容れない」部分は感じていると思う。
私自身もそれは分かっている。この著述で指摘され初めて思い当ったという感情ではありません。
その感情は、普段、自分の心の暗いところに分からないように、表面に現れてこないように潜めているのです。
その部分を著者は、表出化させてしまったのだと感じました。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター