『妻の超然』



2016年、11冊目です。

絲山秋子の小説です。
彼女の作品は、過去「沖でまつ」「逃亡くそたわけ」などを読みました。
我々のそぐそばにある日常を舞台に、僅かに周りの人との間にある齟齬が、
歩む道筋に大きな影響を与えていく。でもそこでたどり着いた先は、
渇して無意味なものでなく、少し心が軽くなる着地点にたどり着きます。

「妻の超然」「下戸の超然」「作家の超然」の3つの小編から成っています。
「妻の超然」では、50歳前後の子供のない夫婦で、夫が若い女と浮気を
している。妻は気付いていて、夫との関係を”超然”と捉えて知らないふりをしている。
しかし、最後に、超然といって相手の考えていることを考えることをせず、
同じ時間を生きようとしない自分の生き方は、”超然”ではなく、”怠慢”なのではと気づく。
確かに、超然や諦観は、ある種の無関心から成り立っている精神状態だと思う。
”超然”という言葉の解釈やその役割は多様だが、思惟するにはいいきっかけだ。

「下戸の超然」は、お酒を飲めな男性の生き方を、恋人との出会いと別れの流れの中で描いている。
私自身も”下戸”であるため、作中の主人公の心境には、共感できるところも多い。
会社生活で苦労した点も類似している。私の場合は、加齢による病気もいくつかあり、
多種類の処方薬を服用するようになったので、飲み会の席でも、
”酒飲んだら死んでしまう”といって、お酒に口をつけなくて済むようになりました。
主人公は、下戸であるが、彼女が酒を飲むことには全く抵抗がない。
それを非難することもしない。彼女は積極的なボランティア活動をしており、
下戸の彼を引きだそうとするが、彼自身は、そういったことに感心も無く、彼女に合わせようとも思わない。
この辺りが下戸の超然立つところなのだろが、
「恵まれない子どもたちに幸せなバケーションをプレゼントする」という彼女の参加する
ボランティアの目的には文句のつけようがない。
けれども「疑いようのないこと」というものに僕はなにかうつろなものを感じてしまうのだ。
これが、主人公の下戸である彼の超然なのだと感じた。

最後の「作家の超然」は、主人公である作家が、首の腫瘍を摘出する手術の前後で考える
人間関係や社会と自分との関係性を描いている。
ちょうど私も手術直前に読んだので、なにか他人事のような気がしませんでした。
こんな一説がある「今は、病気がおまえを生かしている」。
まさに、自分でなく、これからは”病気が自分というものよりも優先されるものになっていくんだ。
まさに超然かもしれないですね。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター