『信長の血脈』



2016年、16冊目です。

取り上げられている武将は、確かに大物戦国武将の物語の数行に登場する人達です。
私が知っていたのは、信長の傅役の平手政秀と豊臣家に仕えた片桐且元だけでした。
三宅藤兵衛に関しては知識がありませんでした。
それぞれの人の視点で物語を紡ぎ出したanother-stroryという感じです。
相当な史実調査の上に描かれていると思いますが、想像力の高さに敬服します。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター