『沙高樓綺譚』


2016年、29冊目です。

浅田次郎の短篇集です。
この人の短編策には、どれも”力”が感じ取れます。
何かで本人が、短編を書くのと長編を書くのでは頭の使う筋肉が違うと話されていました。
私にとっては、どちらも魅力的な作品に思えますが、短編のほうが一気に読み切れることが多いので、
心への印影が強くなるような気がします。
沙高樓綺譚』は、各界の名士たちが集う「沙高楼」で、世の高みに登りつめた人々が、
ミステリアスな女装の主人に誘われ、秘密を披露しあうという設定です。
5つの綺譚が語られます。
1.「小鍛冶」(語り手:刀剣鑑定の家元)
2.「糸電話」(語り手:精神科医)
3.「立花新兵衛只今罷越候」(語り手:映画キャメラマン)
4.「百年の庭」(語り手:山荘の庭師)
5.「雨の夜の刺客」(語り手:やくざの大親分)

「立花新兵衛只今罷越候」は、幕末の志士がタイムスリップして映画撮影現場に、
エキストラとして現れれるという話ですが、この短篇集の中ではある意味、最も心軽く読み通せる作品です。
「百年の庭」と「雨の夜の刺客」は、人の死がストーリーの中で大きな意味を持ちます。
「小鍛冶」と「糸電話」は、人の怨念や怨讐というものを感じますが、
「糸電話」のほうは、女性が主人公な分だけ、それが増幅されて伝わってきます。
「雨の夜の刺客」は、悪として生きる人間は、ほかの人と決定的に心底異なる価値観を持っているわけではない。
1つのボタンの掛け違いで、その運命の流れを大きくねじまげられ、その力に巻き込まれていく様が描かれています。

おわり

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 浅田次郎 沙高樓綺譚

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター