「つまらない」がなくなる本



2016年、44冊目です。

職場にいる入社10年目の女子社員のことが気になって手に取りました。
私自身は、今現在、自分の仕事が「つまらない」と感じることはありません。
ただ9年ほど前に、病気で苦しんでいた半年間は、「つまらない」という気持ちを、
強く感じていました。
あの子も、しばしば仕事が「つまらない」といっていたので、
何か助言できることがないかと思い読みました。
本の中にも出てくるけど、「つまらない」という思いは、「つらい」という感情を誘発してしまい、
負のサイクルに陥いってしまいます。だからあの子には「つまらない」と思わない仕事をして欲しいと願うのです。
本の内容は、
1.「つまらない」の正体 
2.なぜ「つまらない」と思ってしまうのか? 
3.「つまらない」にうまく対応するために 
4.「つまらない」がなくなる生き方 
5.「毎日がつまらない」を手放す12の秘訣 
6.ケース別「つまらない」Q&A という章立てになっています。

1.「つまらない」の正体
どんな時に人は、「つまらない」と感じるのか?
人それぞれで違うとは思いますが、一般的なこととして書かれているのは、
・やることがないとき
・義務でやらなきゃいけないことをやっているとき
・無理やりなにかをやらされているとき
・ミーティングで自分が発言できないとき
これらは、現象として「つまらない」が現れた時の事例として書かれています。
極限的に「つまらない」という思いが、「自分自身の存在」に向いてしまう時が、
最悪の状況だろうと経験的には思います。

「つまらない」と思っているときにどんな気持ちが起きるのか?
「つらい」「やりたくない」「早く時間がたって欲しい」「この場から立ち去りたい」
「このまま自分はどうなっちゃうんだろう」「不安だ」「やる気がでない」「なんか、むなしい」
こういった気分になっている人は、身近にも見かけます。
私が気にかけているあの子も、この「つらい」という気分にしばしば陥っているようです。

「つまらない」から逃れるために、失っているもの。
それは、「お金」「時間」「健康」に集約されるということです。
時間をつぶすためにお金を使う。どうでもいいスマホゲームをしてしまう。
暴飲暴食をして健康を失ったりしている。
内容的には、
「つまらない」にうまく対応することが、メインに書かれています。
決して、「つまらない」をネガティブな考え方として否定し、もっとポジティブに生きよう!
そのために、こんな考え方でこんな行動をしようといった提案などではありません。
「つまらない」を認め、受け入れるところから、はじめています。

つまらないには2つの種類があると分類しています。
1.一時的な退屈
 その場限りの退屈です。
●「単調さが長く続くケース」
 長いスピーチを聞くこととか、わからない数学の講義を聞き続けるとかです。
 これらは、時間が来ればその退屈から解放されます。
●「同じことが繰り返される場合」
 例えば、毎日している掃除とかですが、工場で部品の組み立てをしたり、
 定型の事務的業務をすることも、これに入るかもしれません。
 さらに、本来は自ら動けば同じことの繰り返しにはならないはずの仕事を、
 自分が工夫したり変革したりすることを放棄した場合にも、
 「同じことが繰り返される場合」の事例に分類されるかもしれませんね。
●「何が起こるかが予測できる場合」
 ネタバレしてる推理小説や結果のわかってるスポーツニュースとかです。
 もしかして、自分の人生先が知れてると考えてしまうと、退屈を感じることになるでしょうが、
 この場合は、一時的とはいかないかもしれません。
2.慢性的な退屈
特徴は、「その場限りではなく、続いていること」です。
”毎日がつまらない””人生何もかもがつまらない”という状況です。
こうなると「むなしい」「ゆううつ」と感じてしまいます。

■間違いだらけの「つまらない」対処法
「つまらない」には、一時的な退屈と慢性的な退屈があります。
多くの人はその区別がついていないとも書かれています。
多くの人にとって最も一般的な退屈解消方法は「逃避」です。
すなわち退屈から逃げるわけです。
でもそれが「つまらない」から抜け出せない原因にもつながっているとのこと。
この「逃避」先には、次の8つがあげられます。
確かに、どの行為も「逃避」先としては、定番と言えるほどの逃げ場所です。
①瞬間的な快楽・刺激
スマホ、ネット、ゲーム、ネットサーフィンなどが含まれます。
②活動
仕事、遊び、家事、育児までもが逃避先になるとしています。
③人
恋愛相手、有名人、友人、家族などが含まれます。
恋愛にのめりこんだり、アイドルに夢中になるのも「つまらない」からの逃避先なのかな?とは思います。
④お酒、ドラッグ、〇〇中毒
有名人がドラッグに溺れることとか、チョコレート中毒とかですね。
⑤宗教・スピリチアル
これは、「つまらない」≒「寂しい」とい感情の逃げ場所のように思います。
⑥危険な行為
暴力、争い、ギャンブルなどです。
⑦睡眠
ひたすら睡眠を貪る人。
⑧死
人生がつまらないから、死んだ方がましということ。

一見しただけでは、「つまらない」から逃避しているとは思えない行為がたくさんあります。
突き詰めれば、自分の行動の多くに、どれだけ自分の意図を反映できているのかということかな。
それさえも感じなくなれば、すべてがつまらないになってしまいます。

気になるあの子も、仕事の中に、自分の考えを反映していく行動がとれるといいと思います。
作業をすれば、一見、作業興奮は得られ、満たされた気持ちになるのでしょうが、
これからの長い人生を考えたら、自分の考えと意欲を反映した働き方に、自らが興奮できる生き方をして欲しい。
そう願っています。

おわり
(2016年44冊目の読書から)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター