『会話のしくじり』



言葉の誤用によるしくじりは、年長者である自分も気をつけるべきだし、
後輩への指導ができるくらい、正確な理解をしておきたいと思い読んでみました。

「流れに竿をさす」これは、ネガティブなイメージで理解し、使っているかもしれない。
本来は、ポジティブに物事が加速して進む時に使われるようですが、たぶん、ほとんど誤用していると思います。

「煮詰まる」も、誤用はしばしば聞きます。ちょうど今朝も、Meetingで、入社10年目社員が、
「この話し合いも煮詰まってきたので、Meetingの最初の狙いに立ち戻てディスカッションしたい」と話していました。
議論が尽くされたという意味では使っておらず、話がデッドロックしてしまったというネガティブなイメージで使っていました。
一応、Meeting終了後、本人に誤用しているよと話しておきました。

「役不足」も、若いころは、誤って理解していました。
「その役職は、私には役不足です」と謙遜した誤用が多くなっているとのことです。
本来は、自分の技量からすれば、この役は、低すぎるという不満を表現するものですが、
とっさの時に、謙遜的に使ってしまいそうな言葉ですね。
相手も正しく受け取るかどうかわからない言葉は、重要な会話の中では避けたほうがいいかもしれません。

「枯れ木も山の賑わい」という言葉も、誤用されやすい言葉ですが、
普段あまり会話の中では、出てこないような気がします。
それだけに、いざという時に用いると不適切な状況で使ってしまうのかもしれません。
相手を高めたり、気持ちよくする意味ではなく、バカにしたり、蔑んだり、貶める意味がある言葉です。
相手を「枯れ木」というのは、人格を否定しているということなのですね。

これらの昔からある言葉の理解の間違いに加え、最近の若者の使っている
言葉の意味に変化があることも、改めて確認しました。というか、
なんかつまらない感じもするけど。「ヤバイ」は肯定の意味。
「微妙」は、否定の意味。と受け取るのは、大人のたしなみとのこと。

言葉や会話のしくじりは、普通はそんなにないと思います。
しくじり癖のある人は、どうしても治らない?森元首相とか、、、。
年長者として、「あの人間違った使い方してるね」と笑われないような
常識的な使い方は、心得ておきたいと改めて思う次第でした。

(2016年、49冊目)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター