FC2ブログ

知らないからできる 既成概念を覆す「0(ゼロ)ベース思考」

会社の偉い人が薦めている本ということで、職場で紹介がありました。
早速書店で購入して読みました。

生産・物流・販売での改善、工場在庫・市場品質クレーム対応改善、
開発プロセスの改善など様々な領域で既成概念を持たずに取り組む姿が描かれています。


エキスパートのおじさん社員と製造現場経験の無い若手女性社員がコンビを組み、
世界中の自社の製造、物流、販売、開発に関する難題を解決していくという小説
仕立で書かれた本です。
架空の家電製造メーカー「アクロニック」という会社は、恐らく日本のSONYが
モデルになっているんだろうと会社で、上司は言ってました。

描かれていることが、どこの製造メーカーでも抱えている共通の問題だから、
このストーリーのような結末を皆が迎えたいと望んでいるでしょうし、
こんな結末に導きたいと偉い人たちは考えているんだなと感じ取りました。

話の主題は「既成概念にとらわれない」ということで、
経験の無い若手女性社員の思いついたことがヒントになって、問題解決がなされて
いきます。「こんなきれいな事は起こらない!」と現実の職場から聞こえてきます。
しかし視点を変えてみれば、自分自身が「既成概念にとらわれない」というのは、
なかなか私の年齢になると難易度が高くなります。自分がこれを受け入れやすく
するなら、他者視点を受け入れるといったことになるかと思います。
違う立場の人の意見や考えに耳を傾ける力量が、仕事を進める人にあるかないかが、
一番重要と思い至りました。平たく言えば、若い人の声をよく聴くということかな。

改めて、今更既成概念にとらわれない発想ができる年齢ではないので、
せめて他者の多様な考えを聞く耳を持ちたいと思いいました。

う~ん、内容をもう一度確認しようと本を探すが、すでに、誰かに貸したらしい。
手元に、見当たらないね。いや、会社に置いとるんだな(!(^^)!

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トホトホWALKER

Author:トホトホWALKER
性別 男性(家族有)

職業 サラリーマン
居住地 西日本の地方都市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター